2018/06/22

「高い・恐い」税理士像を塗り替えて顧客獲得 ~スタートアップ系支援を得意とする税理士~

<第1回>開業半年で月収100万円

<第1回>開業半年で月収100万円

20代で開業され、半年で月収100万を売り上げた実力派若手税理士吉井氏に、従来の税理士像を塗り替えて顧客獲得した秘訣を伺いました。

プロフィール 吉井勇樹

ブレイブ会計事務所 代表税理士、中小企業診断士。
勤務時代は都内の税理士事務所に7年間勤務、町の喫茶店から上場企業までの税務会計や組織再編スキーム業務などに携わる。その後、若手の起業家を支援したいという思いから平成29年1月に20代で開業。主にスタートアップ期の企業を支援している。
税務会計のみならず経営に関する多面的なアドバイスができるよう、業務の傍ら2年間勉強し平成30年に中小企業診断士を登録。
節税対策、経営計画書作成のアドバイス、資金調達支援、クラウド会計導入による経理合理化を得意とする。 

対談スタート

顧客ゼロからの開業

【ミカタ編集部】
こんにちは。本日はブレイブ会計事務所代表吉井勇樹先生にお越しいただきました。吉井先生はなんと20代で開業された税理士の先生でして、しかも開業して半年で月収100万まで売上が上がるようになった実力をお持ちの先生であります。今日はそんな吉井先生が普段どのようにご活躍されているのかお話を伺っていきたいと思います。本日はどうぞよろしくお願いします。まず初めに吉井先生のプロフィールをお伺いしてもよろしいでしょうか。

 
【吉井氏】
私はもともと高校2年生の時から税理士になろうと考えていました。そのきっかけは、高校2年生で進路を決める段階で、当時成績が良くなかったのですが、数字が好きだったので、数字に関わる仕事は何だろうと考えていました。その時に親が税理士事務所に勤めていまして、そういった仕事があることを聞かされ、調べていくうちになりたいなと思うようになりました。なので大学に行かずにすぐ専門学校に行き、税理士の勉強をしましたが、専門学校在学中には受かりませんでした。その後そのまま働き始め、働きながら勉強して26歳のときに税理士になりました。都内の税理士事務所で修行を積んで28歳の終わりくらいで開業したという流れです。
 
【ミカタ編集部】
お勤めになっていた期間は2年3年あるという事ですね。

 
【吉井氏】
勤めていたのが7年間ですね。普通の税理士事務所に7年間です。

【ミカタ編集部】
税理士の資格を持って実務を積んでいたということですか?
 

【吉井氏】
22歳から新卒で税理士事務所に入り、4年間勉強しながら実務もやって、最後26歳から独立するまでの2年間は資格を持って働きました。
 
【ミカタ編集部】
2年間の間でお客様を開拓されたと思いますが、ぶっちゃけ勤めていた頃のお客様を引き継いで独立されたりはしますか?

【吉井氏】
私が勤務していた時はお客様の開拓といった業務はやらずに、税務だけしかやっていなかったので、税理士事務所に勤めているときは営業という概念がありませんでした。担当を割振られたらその仕事だけをやる感じです。なのでもちろん独立した時もお客さんはほとんど引き継ぎません。
 
【ミカタ編集部】
ではゼロだったのですね。

 
【吉井氏】
一件だけお客様は引き継ぎましたが、そこも年間報酬が数十万くらいでほとんどゼロからの開業でした。

 スタートアップ系にターゲットにサービス提供

【ミカタ編集部】
それだけでは食べていけませんよね。ではゼロの状態からスタートされて、最初はどのようにお客さんを開拓されていたんですか?
 
【吉井氏】
最初は何のブランド力もないので、とりあえず人に会うことに専念していました。交流会などに闇雲に参加していましたが、経営者交流会からお仕事をもらうことはほとんどありませんでした。独立する前に人脈を増やしておこうという気持ちはあったので、他士業も含めた士業の会に参加して、そこからの紹介は何個かありました。それからウェブです。ホームページ作成にすぐに取り掛かり、2カ月くらいかかりましたが完成し、そこからブログやリスティング広告をかけてそこからの問い合わせも増えていきましたね。
 
【ミカタ編集部】
問い合わせが来るように工夫したことはありますか?

 
【吉井氏】
ブログで、私の考え方や私がどういう人間かを打ち出すのと、顔写真を入れたりして、どういった人物なのかを伝えるようにしました。あとは、お客さんのターゲットを絞りました。スタートアップ系をターゲットにしていたのですが、その方たちにどういったサービスを提供できるのかを想像しながらやっていました。

【ミカタ編集部】
スタートアップ系にターゲットを絞っているからこそ渋谷なんですか?

 
【吉井氏】
それもありました。最初は池袋で開業しようと思っていましたが、レンタルオフィスがいっぱいだったので別を探していたら、今のところが安くて良いところだったので決めました。
 
【ミカタ編集部】
渋谷は若いベンチャーのイメージがあるので、そういうのを意識して選ばれたのかと思いました。

 
【吉井氏】
結果的にはそうですね。
 

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。