2018/05/27

士業事務所経営で売上を上げるのはなぜ大事なのか?

士業事務所経営で売上を上げるのはなぜ大事なのか?

年商1,000万円超の士業事務所は全体の1割以下

なぜ世の中でうまく行く人と、うまくいかない人がいるのかというと、うまくいく人というのは、シンプルにうまくいくやり方をしているからうまくいくんだと、僕は理解しています。

士業の先生は、最初のタイミングで「最低限の売上はいくらですか」と聞いたときに、「年商が1,000万円です」というところを1つの目標にします。

年商1,000万円を超えている士業の先生の数をあなたはご存知ですか。これは行政書士の連合会の行政書士を束ねている1番の組織です。連合会が出している年1回のレポートによると、大体1,000万円の年収ではなく年商を超えている先生は、全体の1割もいないんです。
残りの先生たちというのは1,000万円の年商をきっています。最初にお断りしておくと、別に年商が高いからいいとか、低いからいいというわけでは決してないと思っています。なので、別に人間的な意味で1,000万円っていうラインがどうこうと言っているわけではありません。

ただ、ビジネスとしてのラインという意味において、やはり独立されて、もちろん経費だったりというのもあるわけなので、1,000万円ぐらいの売上をもっていないと、事務所としてはかなり弱い事務所になってしまうんじゃないかなと思います。

もう1つが、売上が高いということはすごくいいことなんです。なんでいいことかと言うと、まず売上というのがなんなのかを理解する必要があります。売上というのはお客様からの評価や、お客様からの感謝の量だと思っていただくといいんじゃないかなと思います。なので、売上を悪いものだとか、稼ぐことが悪いことだっていうふうに間違えた理解をしないでいただきたいと思っています。売上があるということは、それだけお客様から支持されていることの現われなんだと理解していただきたいと思います。売上があることによって、お客様に対していろいろな投資をすることができるようになります。

今よりもお客様に対してたくさんの価値を提供しようと思った場合は、そこには必ずお金という、ビジネス上のリソースが必要になってくるんだということをしっかり腹落ちをさせておいてください。誰1人として、お客様に対して今よりも良いサービスを提供したいと思われていると思います。今よりも良いサービスを提供するためには、1つとして、お金が必要なんだとしっかりと理解しておいてください。

高い目標持って行動するには

ビジネス上の1つの目安として1,000万円をラインとしておきます。90%の先生たちっていうのは、そのラインをきっているわけです。たとえば僕たちの場合は、初年度で1,000万円のラインを超えています。知り合いにもそういった方がいます。この先生たちがどういう状況かというと、めちゃめちゃ忙しいです。普通に考えて、誰と1番多くの1人と過ごしているかというと、お客様と過ごしています。お客様と時間を多くともにしていらっしゃるんです。僕も含めて。なので、たとえば周りの行政書士の人と馴れ合うことをするかとか、周りの行政書士の人と同じ時間をたくさん共有しているかというと、そういうことはあり得ないんです。

なぜかっていうとお客様がめちゃめちゃいるからです。毎日本当に睡眠時間を削って、多くのお客様にサービス提供をしているような人たちが1,000万円を超えている人たちだというふうに思ってください。そうすると、9割の1,000万円の年商をきっている先生というのは、わかりやすく言うと、比較的時間があったりします。なので、同じ行政書士と一緒につるんだりとか、馴れ合うような関係を作っていってしまうんです。

全ての人とは言いません。たとえば中に入って、あなたが年商2,000万とか3,000万の事務所を作りたいと。でも多くのほとんどの人たちは年商で言うと大体1,000万円をきっている事務所なんです。その事務所の先生たちからもちろん学ぶべきことはたくさんあると思うんです。人間として学ぶべきこともたくさんあると思います。

でもビジネス上の学び、少なくとも、もっといってしまえば経営者としての学びというのは、年商500万円の先生からあなたが学ぶべきことというはすごく少ないんじゃないかなと思います。新人の先生だったり、そうじゃない3年5年10年やっている先生でも、自分がどういう人と一緒に時間を過ごしているのかということには、すごくこだわってほしいなと思います。

あなたの考え方だったりあなたの方針だったり行動の基準、行動のレベル、目標というのは、あなたがどういう環境にいるのかによってかたちづくられてしまうということです。なので、あなたが本当に高い目標を持っているのであれば、そういう目標をもっている人たち、そういう目標を共有している人たちとの時間を大切にしてください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。