2017/11/08

都内と地方で売上に違いはあるの?大切なポイントとは

都内と地方で売上に違いはあるの?大切なポイントとは

都内と地方で売上に違いはあるの?大切なポイントとは


士業事務所は、世の中に沢山ありますよね。
それらの士業事務所を、どこに構えるのかによって違いってあるのでしょうか?
また、都内に構える場合と、地方に構える場合って、それぞれ違いがあるのでしょうか?
あらゆる観点から、都内と地方の売上に違いがあるかどうか、場所が影響するかどうかについて、見ていきたいと思います。

1.売上は、あなた次第!?

まず、始めに確信に迫っておきます。
なぜなら根本的には、これが1番大切な事だと言えるからです。
士業事務所と言っても、弁護士事務所や、行政書士事務所、司法書士事務所などなど。
様々な士業事務所があるわけですが、これらの士業事務所が、都内であろうが、地方であろうが、どの場所に事務所を構えたからと言って絶対に儲かるか?と聞かれると、答えは「NO」です。
つまり、良い場所を選んだとしても、1番肝心な事は、あなたがどのようにマーケティングを行い、集客をするのか?と言うポイントが大前提となってしまいます。
例えば、東京都内のオフィス街に事務所を構えたとします。
地方に比べて、人の数は限りなく多いですし、依頼件数も、その一帯では多いとしましょう。
しかし、それらの依頼をかけたい方々が、必ずしもあなたの開設した事務所に問い合わせをし、相談をし、依頼をかけると限りますか?違いますよね。
都内に構えようが、地方に構えようが、売上が出るかどうかは、あなた次第だと言う事になります。
士業登録をして事務所を構えた、これで待っていたら黙っていても集客できるだろうと安易に考えている方は、売上は出ませんし、そのうち廃業に追い込まれてしまいます。
ですから、必ずしも立地条件がと言う事ではなく、どこに事務所を構えていたとしても、あなたの努力無しで成功はありえません。
まずは、この事を肝に銘じて、事務所の場所を選ぶ必要があると言う事になります。
ただし、細かく言えば、都内と地方にも、違いは出てきますので、ここからはその部分について、解説をして行きたいと思います。

2. 交通の便で考えてみよう!


想像して頂ければわかると思いますが、地方と都内であれば、圧倒的に交通の便においては都内の方が有利だと言えます。(特に公共交通機関には差が大きいですね)
勿論、地方であっても、県庁所在地の近辺に関しては、電車などの交通の便は良い所は沢山あります。
しかし、実際に都内と・・で比べると、圧倒的に都内の方が交通の便は良いでしょうし、電車やバス等の本数も多くなります。
また、乗り換えも便利であり、あちこちに出向く方にとっても、訪問されるお客様にとっても(どこかの場所で会う場合についても)交通の便が良い事は、メリットだと言う事ができます。
士業側にとっても、お客様にとっても、時間と言うものは大変貴重なものであり、移動に時間がかかればかかる程、その時間ロスとしての損失は大きくなります。
最近では、士業事務所にわざわざ出向かれると言うより、どこかで会ってお話を聞くと言うスタイルも増えていますから、そのような場合においても都内の方が、その場所に出向きやすいですから、お客様からも印象は良いですし、忙しい士業であれば、時間を有効に利用する事が可能です。
また、ホームページ等のインターネットだけでお客様の依頼内容を全てこなす事が出来れば良いのですが、士業と言う業種に関しては、それは難しいと言う可能性が高まります。
実際にお客様にお会いして、様々な事情を伺ってから依頼内容を遂行する事が多くなりますから、交通の便から言うと、お客様に会いやすい都内の方が良いと表現する事も可能です。
更に、これは人の価値観にもよりますから、絶対にと言う事はできませんが、基本的には、最寄りの駅から徒歩で、10分以内くらいの場所に事務所を構える方が良いと考えます。
出向くお客様にとっては、徒歩でご自身の最寄り駅まで行き、電車に乗り、場合によっては乗り換えを行って来られます。
またそこから歩く時間があるとなると、せっかく事務所の最寄り駅に到着しているにも関わらず、まだ歩かなければ到着しないとなると、「遠いな・・・」と思われる方もいらっしゃいます。
最寄り駅に到着するまでは良いにしても、実際に到着しているのに、事務所には到着していないとなると、少し不満が出てしまうと言うのは人間の性なので、どうしようもないのかもしれませんが、例えば、都内であっても駅前にあると言う事務所と、歩いて20分かかりますと言う事務所ならば、同じ依頼をかけるなら、駅前を選ぶ人が多くなるのはやむ終えない事ですから、都内に事務所を構えるにしても、その場所や、電車等の交通機関の乗り換え等について、利便性があるかどうかを考えておく必要があると言えるのです。

2-1.地方の交通の便は、あまり関係ない?


考えてみて下さい、地方と言っても、都内以外には、様々な都市があります。
例えば、大阪駅周辺はどうでしょうか?地方だと言っても、完全に都会だと言えますよね。
もはや、この辺りは都内と同じ印象を持っても良いかもしれません。(名古屋駅や博多駅あたりもほぼ同じような状況ですね。)
では一方、電車やバスが1時間に1本~多くても2.3本くらいしか来ないような場所ではどうでしょうか?
都内に比べて大変不便ではありますが、その分、その地域の方々は車を所有されている可能性が都内に住んでいる人よりも高くなります。
つまり、地方に行けば行くほど、一家に一台車があるのが普通ですし、もしかしたら場所によっては1人に一台所有している可能性もあります。
この場合、電車やバス等の公共交通機関は、あまり利用されませんから、事務所を構える場所は、大きな道路沿い等にする事と、地図で分かりやすい場所(カーナビやスマホアプリで検索できる場所という意味もあります)等が重要なポイントとなります。
こうなると、電車で乗り継ぎやすい事等は、もはや全く関係が無くなってしまいます。
ポイントとなるのは、その場所へ行くまでの道で、車で移動する際には道路が混んでいるかどうか、行きやすい場所にあるのかどうか?と言う所となります。
ですから、まずは都内か地方かで考えるのではなく、あなたが開業したい地域がどのような特性があるのかどうかを見極める必要があると言う事になります。
ですから、集客したい相手が都内にいるのであれば、都内で事務所を構えなければなりませんから、その立地に関して検討し、戦略を立てる必要がありますし、地方でもターゲットにしたいお客様が居るのでしたら、その場所での戦略が必要になると言う事なのです。

3. 都内・地方で開業する場合のメリット・デメリットについて


3-1.都内の場合


では、ここからメリットやデメリットについて、解説を行ないたいと思います。
まず、何と言っても、都内で開業するのに、どうしても都内特有のメリットやデメリットがあると言う事です。
それは、人が多い=案件が多い、はメリットですよね。
しかし、案件が多い=ライバルが多い、と言うデメリットがあると言う事なのです。
人が多く、その分案件が多いと言う事は、必然的に他のライバルとなる士業も集まってくると言う事です。
案件が多いのは良い事ではありますが、その分、他の士業にお客様を取られないよう、ライバルに勝つ戦略を考えなければならないと言う事になります。
また、業務内容的に、都内の方が有利である場合や、取引する相手が企業である場合にも、同じ事が言えるでしょう。
ご自身の士業事務所の魅力を最大限にアピールする必要がありますし、その上で集客し、お客様は勝ち取る必要があります。
また、都内で士業事務所を構える場合は、地方に比べて圧倒的に構える事務所の賃料が高くなります。
地方に比べると、場所によっては何倍もの賃料がかかるケースがありますし、人が集まる場所と言うのは、それに連なって賃料も高くなるのは仕方のない事です。
しかし、そのようなデメリットを解消する為に利用して頂きたいのが、近年増加してきているレンタルオフィスです。
比較的安値でレンタルする事ができますし、面談をするスペース(ビジネスラウンジ)を利用できるレンタルオフィスも数多くありますから、是非検討されてみてはいかがでしょうか。
賃料と言うのは、経費のウェイトとしては高く、売上がどうかには左右されず、毎月必要な費用ですから、なるべく安くする事によって、売上の金額を多く残す事ができると言うメリットがあります。
また、都会でレンタルオフィスを利用しなくても、立地が悪い場所に事務所がある場合は、このレンタルオフィスのスペースを、お客様が来やすい場所で時間貸ししてくれるようなスペースのあるレンタルオフィスを探してみる事もオススメです。
お話をするのに、絶対に事務所でなければいけないと言う理由はありませんし、お客様の中には、士業事務所と言うだけで緊張される方もいらっしゃいます。
そのような場合にも有効だと言う事が言えるのではないでしょうか。

3-2.地方の場合


地方のメリット・デメリットと言うものもあります。
まず、デメリットとして上げられるのは、都内とは反対に、人が少ない=案件が少ないと言う事ではないでしょうか。
案件が少ない=売上が少ないと言う事になります。
ただし、最初にお伝えしているように、集客と言うのは、もはや士業業界においては立地では決まらず、あなた次第であると申し上げました。
地方であると言う事に着目するのではなく、どのような場所であったとしても集客ができる士業事務所になると言う事が大切です。
しかし、地方の場合では、都内に比べるとお客様は格段に少なくなると言うのは事実でもありますから、都会の士業事務所以上に、集客をする戦略を取る必要があると言う事になります。
また、地方に士業事務所があるとしても、全国どこでも伺いますと言う士業事務所であれば、わざわざ都内に事務所を構える必要性は無いとも言えます。
ただし、地方で開業される場合、お客様の所まで出向く交通費をお客様負担にする場合は、お客様にとっても、交通費を払ってでもお願いしたい士業になる必要があると言う事です。
当たり前の事ではありますが、依頼料とは別に、交通費を支払うわけですから、支払う分だけのメリットがお客様にとって必要だと言う事です。
そのメリットがないのであれば、近くの士業事務所に頼む方が安くつきますし、面倒もありません。
大切な事は、どこに居ても、お客様にとって必要とされる士業になる事が大切だと言う事なのです。

4. あなたが行う士業事務所の業務で考える

まずは、都内か地方か?を考える前に、あなたが行う業務内容を考えてみて下さい。
士業と言う業種でも、行う業務は数多くあり、その業務の中であなたが行う業務分野はどこなのか?と言う事に着目してみましょう。
そして、場所を考えた際に、行って頂きたいのは、その場所の市場規模を見極める事です。
これは、都内であろうが地方であろうが同じ事が言えるのですが、同じ業務を行う士業事務所が、その場所に多ければ多い程、ライバルは増えると言う事になりますから、開業しても売上に影響する事になります。
また、その場所ですでに成功を収めている士業事務所があるとすると、後から開業したあなたが、その事務所に打ち勝つには、大変努力が必要だと言う事です。
勿論、既存の士業事務所よりも、自分の方が絶対に集客を見込めると言う自信があるのであれば問題ありません。
しかし、その場所で長年、その業務を行ってきている士業事務所は地域に根付いていますし、依頼をする側からしても信頼がありますから、そのような事は最低限考えておく必要があると言う事になります。
また、その場所において、よく問題が発生している案件に目をつけると言う事も市場規模を知る上で重要なポイントです。
特に依頼がかからない業務を取り扱っても、その問題自体を抱えている人が少ないわけですから、当然の事ながら依頼は来ませんし、売上を上げる事はできません。
開業を考える場所のニーズに答える事を念頭に、業務内容を決定すると言う柔軟性も必要となると言うわけです。
ご自身がやりたい業務と、開業したい場所で何が主に取り扱われているのか?等、開業する前に徹底的に調べておく必要がありますし、その業務を行う士業事務所がどのくらいあるのか情報を入れてから検討する必要があると言う事なのです。

5. まとめ


お客様にとって、士業事務所が近ければ近い程、頼んでみようかなと思いますし、それだけの理由であれば、人が多い都会の方が売上としては上がるかもしれません。
しかし、今の現代において、士業事務所は溢れる程存在していますし、ここに頼みたい!と思う士業事務所が地方で遠いとしても、士業にお願いする案件にはお客様にとって重たい問題を抱えているケースも多くなる為、多少交通費を支払ったとしても、絶対この人にお願いしたいと思われるお客様も実際には多くいらっしゃいます。
そのような士業になれば、都内であろうが、地方であろうが、場所には関係なく、士業としては無敵ですし、必然的に売上は上がる一方です。
人が多い都会に事務所を構えたとしても、そのような信頼される士業になれず、集客をすると言う戦略さえも考えていないような士業では、お客様は来ませんし、結果売上にも繋がりません。
つまり、多少、都内か?地方か?によって、違いはあるものの、結果的には士業本人次第だと言う事になってしまうのです。
士業事務所が多い、この世の中で、どうすればお客様から問い合わせが来て、相談され、依頼に結び付けられるのか?と言う事から考える必要があると言う事になります。
場所に関係なく、全ての士業に言える事は、売上を上げる為には、まず集客を見込まなければなりません。
お客様が居なければ、当然の事ながら売上には繋がらないからです。
その為には、インターネットのホームページによる戦略から、作っただけで安心するのではなく、検索結果の順位を上げる為にSEO対策を考えたり、コンテンツを定期的に掲載する等、地道な対策が必要です。
ただ、黙って待っているだけでは、都内であろうが、地方であろうが、集客は見込めませんし、売上はゼロになってしまうと言う事なのです。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。