2017/09/24

稼げる士業になるための3つの施策

稼げる士業になるための3つの施策

士業と言えば、弁護士や、行政書士、司法書士、社会保険労務士、公認会計士、税理士、中小企業診断士などの「士」業が該当し、国家資格の中でも、法律などの専門性が高い分野の業務が多くなります。ただし、現代においては、専門性の高い士業であるからと言って、黙って事務所で待っているだけでは、お客様を獲得することは非常に難しいと言えるでしょう。

自分が士業であると言う事は、同じ士業の資格を有している方は、他に沢山いらっしゃると言う事を絶対に忘れないようにしてください。同じ資格を所持している方が他に沢山いると言う事は、それぞれがあなたのライバルであり、どれだけ自身の経営する事務所に集客を見込む事ができるのかが、事務所が繁栄するための大きなポイントとなります。

ここでは、あなたが稼げる士業になる為の施策について、分野に分けて解説を行っていきたいと思います。

1.インターネットを使った施策

まずは、現代社会において、必要不可欠となったインターネットを使った施策を考えなければなりません。

1-1.ホームページの開設

士業においては、一般的な企業のように、直接顔を出して、ガツガツと売り込むような営業の手法は必要ないとまでは言いませんが、向き不向きがで判断すれば間違いなく不向きである業種と言えるでしょう。
そこで、稼げる士業になる為には、まずインターネットを大いに活用しましょう。

インターネットを利用する際に、絶対に最初に開設するべきと思われるのが、あなたの事務所のホームページになります。インターネット社会の現代においては、何かを調べるにも、昔のように電話帳を見るわけではなく、まずはインターネット(パソコンまたはスマートフォン)にて検索をする行為が最も多くなります。インターネット上に、ホームページを開設しておけば、潜在的な顧客はあなたに会うという行為を経ることなく、あなたも潜在顧客に時間を割くことなく事務所の存在や提供しているサービスの内容を知って貰うことができます。

さらに電話が苦手な人にとっても、気軽にメール等の問い合わせ項目などによって、アポイントを取る事も可能な時代となりました。更に、インターネットは24時間、好きな時、空いている時間に誰でも閲覧する事が可能ですし、士業と言う業種に、普段馴染みがない方にとっては、必要とした時でも、中々連絡しづらいと言う方も多くいらっしゃいます。そのような潜在的な顧客の心理的な壁を取り払う為にも事務所のホームページは最適ですし、24時間365日、文句も言わずにあなたの事務所をアピールしてくれる頼れる営業ツールなのです。

また、連絡を取る前に事務所の存在や、経営者(開業しているあなたのことですね)の情報、サービス内容を知らせる事ができますから、ある程度の手間も省けますし、連絡を下さった方も、ある程度の情報を把握した上で連絡しますから、互いに安心感をある程度持った状態で対話をする事が可能だと言う事ができるでしょう。

何度も申し上げますが、現代社会においては、ホームページを持つ事は必須です。稼げる士業になる為にも、ホームページを持つと言う事は基礎中の基礎だと言う事を頭に入れておくようにしましょう。

1-2.ホームページ開設に必要とされる知識

ホームページをただ、単純に開設したら良いと、開設した時点で安心してはいけません。開設の方法は、専門業者に依頼をかけるか、ご自身でホームページを作成する方法がありますが、中々ご自身で開設できる方は少ないと思われますので、基本的には専門業者に依頼をかける事になると思われます。

ホームページを作る際に、1番心がけるべきだと言える点としては、まず、閲覧したお客様が、事務所の業務内容やサービス、経営者等の情報について、わかりやすく読める内容にするべきだと言う事です。せっかく検索をかけて閲覧してくれたとしても、具体的に何をしている事務所なのかわからない等の印象を与えてしまっては、その時点でお客様は離れてしまい、他の事務所へ問い合わせをしてしまう事でしょう。まずは、内容を正確に、わかりやすく表現する必要があります。

また、SEO対策という、検索の結果をなるべく上位に上げる対策が必要となります。このSEOに関する知識も、ホームページを持つ上では必要不可欠だと言う事ができます。いくらお客様が検索をしたとしても、順位が上位とならなければ、閲覧すらして貰えないと言う結果となってしまっては、せっかくのホームページが意味の無いものとなってしまうからです。SEO対策については、有料で行う事も可能ですが、多額のお金が必要となる事が多くなる為、開業時のように資金面で余裕があまりない段階には、資金の節約のためにもできる限り、ご自身で対策を行うようにしたほうがいいでしょう。ホームページの中に、できる限り、検索されやすいワードを散りばめ、いち早くお客様の目に触れるような内容で制作をする必要があります。

また、別途の無料サイトなどでブログを作っても良いですし、そのサイトをリンクさせる事も大切ですが、ホームページ上でブログや記事を最低でも週に2回は更新し(一番いいのは毎日のように記事を更新することですが、いきなり毎日更新するのはホームページの運用に慣れていない方には厳しいと思います)、内容を新しくしたり、増やしたりする努力も必要です。その結果、検索結果を上位に上げる事にも繋がりますし、ホームページの中身がしっかり新しく更新されているのだと認識して貰えれば、より一層信頼感が高まります。

更に、記事の内容については、自身が持っている専門知識は多く掲載すべきです。士業の専門性の高い業種においては、知識をホームページ上に掲載しても、最終的には依頼に繋がるケースが多くなります。更に、専門的な知識を公開する事により、閲覧するお客様側が、この事務所に頼めば問題ないと言う安心感を持つ事もできますし、稼げる士業の施策としては、記事として知識を公開する事は、結果的に良い方向へ繋がる可能性を引き上げると言って良いでしょう。

1-3.SNSを使う

インターネットでは、ホームページだけではなく、SNSを使うと言う方法もあります。

代表的なもので上げられるのは、Facebookや、Twitter等の、共通の趣味を持った方々との交流を目的としているサービスです。ここでは、ホームページのような固いイメージではなく、個人の興味がある事や、日記、メッセージ等によって、様々な方々とコミュニケーションを取る事が可能です。場合によっては、友人を数百人作る事もできますし、知り合いや、友達と言った感覚で人と繋がる事ができます。

そう言った観点からすると、自身の事や、経営している事務所をもっと親しみやすく感じて下さる可能性も高まりますし、様々な士業の方と交流を持つきっかけとなる事もあるでしょう。また、リアルな社会においては、交流出来る方や、出会う方々などについては、地域や年齢、職種等で制限されがちですが、そのような事も取っ払う事が可能ですので、あらゆる人々と交流を深める事ができると言えます。そう言った意味では、SNSを使ってみると言うのも、稼ぐ士業となる上では1つの手法だと考えられます。


1-4.ポータルサイトを利用する

ポータルサイトと言うのは、お客様と、士業との間に立って、それぞれをマッチングさせる紹介型のポータルサイトです。
有名な所を上げると、「弁護士ドットコム」です。
(参考URL)
https://www.bengo4.com/

検索する側が、自身の抱えている問題について、わかりやすく項目に分かれており、相談した内容や、回答等についても掲載されているので、便利です。

ただし、デメリットもあり、様々な士業が登録している為、サイト内での比較をされてしまうと言う事や、サイト自体の勢いが、直接的に影響してしまうと言う点も上げられますので、ここに全てを頼ると言うのではなく、あくまでも補助的な物と捉えるべきであると言う事ができるでしょう。

1-5.リスティング広告を利用する

上記にてインターネットにおけるSEO対策を取り上げましたが、ご自身でSEO対策をする際には、結果が出るまでに時間がかかる場合もあります。このような時に、アクセスをアップさせる施策として活用できるのが、リスティング広告です。リスティング広告は有料ですので、ご自身でSEO対策をするよりも、早く検索結果を上位に上げる事ができるメリットがあります。

ただし、基本的にリスティング広告に関しては、クリックで課金されるシステムですので、放置しておくと、予定外に出費がかかったと言うリスクが生じますから、利用される場合は、こまめにチェックする必要があります。

ただ、一日の予算を数百円から行う事ができますから、チェックする事を忘れなければ、利用しやすい施策だと言う事もできるでしょう。また、このリスティング広告を代行している所も多くあり、基本的には2割の手数料を支払えばお願いする事が可能です。リスティング広告は、一日に数回チェックしておく方が良い為、資金の余裕がある方は、代行会社にお願いすると言うのも1つの手だと言えます。開業間もない場合には資金面の余裕があまりないと思われますので不向きな方法かもしれませんね。

2.調査をする

あなたの事務所を開業して継続させて行く上では、同じ資格を持つ士業や、同じ業務を取り扱う士業も沢山いることを忘れてはいけません。稼げる士業となる施策としては、その同業者等の情報や、現状等についての調査をしておくと言うのも、1つの施策です。周りが提供しているサービスを把握しておかなければ、勝つすべもありませんし、自身がどのようなサービス内容を展開していけば良いかの指針を持つ事もできません。

例えば、近くの同じ士業の方が、全く同じ業務を行っていて、サービス内容も豊富であり、金額も安くて丁寧なのであれば、お客様は皆その事務所に取られてしまいかねません。勿論、安くても、無愛想であったり、お客様対応が不適切であったりするならば、多少自身の事務所の設定金額を高くしても集客を見込めるかもしれませんが、どちらにしても、その内容を知らなければ、対策すら講じる事はできませんので、様々な調査をすると言う事も1つの施策である事を頭に入れておくべきだと言う事ができるでしょう。

2-1.分野の調査

士業と言っても、その資格を持つ方々が、全ての業務を行っているわけではありません。その士業の中でも、特化して得意分野を業務にしている事が多くなります。

例えば、弁護士の資格を持っていたとしても、必ずしもイメージのような裁判の業務を特化して行っているのではなく、その事務所では債務整理が得意分野であり、その業務を専門的に行うような事務所もあります。これは弁護士だけではなく、他の士業にも言える事なのです。どのような分野の業種を得意とし、業務を行っている事務所が多いのかを具体的に調べる事により、自身の事務所ではどのような業務や、サービスに特化していくのかを考える必要があると言う事になります。

2-2.市場調査

次に、市場調査をしておくと言う事も、稼げる士業になる為に必要な項目です。

例えば、現在の同じ士業の現状がどのようになっているのか?や、法律や経済に関するトレンドなどを調べる事が大切です。世の中は目まぐるしく日々変化しています。その結果によって、行う業務やサービス内容にも変化を加えなければならない場合も多くなります。士業と言う分野においては、その世の中の動きが大きく影響する事があるからなのです。

経済の状況がどうなっているのかの把握や、これからの動きなどについても、日々調べる事によって情報を得る必要があります。また、新しい市場などについても、ある程度予測する事ができれば、新しい分野でも能力を発揮できる可能性が高まります。

3.マーケティング能力を身につける!

冒頭でも申しあげたように、士業だからと言って黙って待っているだけでは、集客は見込めませんし、稼げる士業になる事はできません。士業の事務所だと言っても、1つの会社と同じであり、その事務所を起動に乗せて、経営を安定させ、稼いでいかなければ事務所は潰れてしまいます。

そう言った意味では、一般企業と同様に、事務所の経営をうまくやっていく為にも、マーケティング能力を身につける事は必要不可欠な時代となりました。マーケティングと言っても、あらゆる方法があり、自身が展開していく事業の内容によっても、様々です。

例えば、1-2.で解説させて頂いたホームページによる記事の公開についても、マーケティングの1つの手法です。情報を先に与える事によって、結果的に契約に結びつけると言う事になります。このようなマーケティング能力を身につける為にも、士業としての努力以外にも、勉強を怠らないようにしなければなりません。

3-1.起業塾に通う

現代は、様々な企業が、起業家を応援する為に、セミナーや勉強会等を多種多様に行っています。起業塾では、様々なマーケティング手法を学ぶ事ができ、士業事務所でも、経営をすると言う観点から、色んな情報を得る事ができます。その結果、稼げる士業になる事ができると言うわけです。勿論、中には、起業塾と称していても、多額の金額だけ取られてしまい、大した事を学ぶ事ができない等の悪質な起業塾もありますから、選ぶ際には最新の注意が必要です。

ただし、真剣に受講された方の企業や、事務所を成長させ、発展させていきたいと真剣に考えている起業塾も沢山ありますので、それらを利用し、マーケティングの基礎や、様々な手法を学ぶ事によって、稼げる士業となって行く事が大切です。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

稼げる士業になる為の施策として3つのポイントをテーマに解説をさせて頂きました。基本的には、インターネットによる施策は第一に取って頂きたい方法です。前途でも申しあげていますが、士業は一般企業のような営業方法は不向きです。ですので、インターネットによる施策が1番必要となってくるのです。

更に、そのインターネットに合わせて、分野や市場調査も行う必要がありますし、ご自身のスキルアップの為にも起業塾を利用する等したマーケティングとしての施策も重要となっています。一昔前のように、士業が先生と言われる時代は終わり、立派なサービス業となりました。そのような観点からすると、お客様が満足し、安心して利用できるような事務所を作り、成長させて行く為には、あらゆる手法を取らなければなりませんし、お客様の立場になって考え、サービス提供をしなければなりません。基本的な施策である応対の良さや、料金設定等に至るまで、あらゆるサービスを提供し、満足して頂く必要があります。

また、営業に不向きと言う事は、関わったお客様の口コミもとても重要な営業手法の1つとなるのです。依頼される、されないに限らず、丁寧な対応を心がける必要があります。あらゆる観点から、古いイメージは捨て、新しい発想にて「稼げる士業」となる施策を考えて対策をしていきましょう。

おすすめの関連記事

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。