2017/09/20

実績0からの士業のホームページ

実績0からの士業のホームページ

士業として資格を取得し、実績が全くない状態から開業して事業を始めると言う方も、士業の業種にもよりますが、結構いらっしゃる事も事実です。また、ある意味では、どこかの事務所や企業などに一定期間勤務をしていて、その事務所や会社での実績はあるものの、新しくご自身で事務所等を開業される方にとっても、その事務所の中では実績は0からだと言う事もできるでしょう。

その時、大いに活用して頂きたいのが、自分が開業した事務所のホームページです。

近年の時代背景は、インターネットの普及によって、一家に一台はパソコンがあるという家が多い時代です。スマートフォンに至っては1人1台以上は普及しており、パソコンが中心であった時代以上にインターネットの重要性が増していると言えるでしょう。何かの情報を調べる時にも、インターネットを使う事が主流となっています。

実績がまだ何もない状態から事業を開始する場合、まず集客をしなければ報酬に繋げる事ができず、事務所の経営を継続的に続けていく事は難しいです。

そこで、事務所開設と同時に必ず行って頂きたいのが、ホームページの作成です。作成の方法は、専門業者に依頼する事もできますし、ご自身でホームページを開設できる方であれば、ご自身でつくられてみる事も良いでしょう。ただし、ご自身でホームページを1から作成できると言う方は、結構少ないと思われますので、業者に依頼される方も多いと思います。

作成料については、内容によったり、企業によっても金額は様々であり、作成する専門業者を選ばなければなりません。場合によっては、開業資金以外にも、高額なお金を用意しておかなければならない可能性もありますので、ホームページ作成を業者に依頼される方については、開業資金に合わせて別途資金を用意しておく事が大切です。

現代では、ワードプレスと言う簡単な形で、ご自身で中身を修正できたり出来るようなホームページ作成ツールもありますので、どのようなものを利用して事務所のホームページを作成するかを考えてみてください。講習さえ受ける事ができれば、作る工程は業者にお願いするにしても、その後の中身を変更したり、随時更新する時には便利ですので、一応ご紹介させて頂いておきます。では、ホームページ作成をする上で、重要なポイント等を押さえていきましょう。

1.ホームページは事務所の顔

インターネット上で、簡単に見れてしまうホームページですが、依頼を考えるお客様側にとっては、ホームページの印象=その事務所の印象に対する第一印象として捉える方がほとんどだと思って間違いありません。その一番に目にされる可能性の高いホームページ作成においては、ぬかりのないように制作しなければなりません。

例えば、文字の配置から、カラーまでをイメージしておく必要がある他、開業する事務所が行う業務の内容をわかりやすく解説する事から、自己紹介に至るまで、様々なホームページのイメージをする必要があります。士業では、一般企業のように、「よろしくお願いします!」と直接出向いて営業をする事が不向きな資格の方が多い為、どうしてもホームページと言う、あなたの事務所の顔は非常に重要となってくるのです。

1-1.ホームページの作成にかかる費用

ホームページを業者に依頼してお願いする場合の、かかる費用についても念の為に掲載しておきます。作ってもらうホームページの中身にもよりますが、大体安い所でも30万円以上の見積もりを出す業者が多く見られます。また、大手企業などを相手にしている業者などでは、100万円を超える見積もりを出す所もあります。

ご自身が、どこの業者にお願いするかについては自由ではありますが、わからない事は見積もりを取る前にしっかりと聞いておく事が大切です。また、自分のイメージに合ったデザインから、掲載したい情報などについても、業者側にしっかりと伝えましょう。その他、様々なプランがありますので、1つ2つ等に絞らず、あらゆる業者に問い合わせをして、どのようなホームページを作ってくれて、どのようなサービス内容が盛り込まれているのかも確認しておく必要があります。

2.業務の分野を絞っておく

ホームページを制作する上で、そのホームページ上に掲載する業務内容についても、しっかり考えて作成する必要があります。中でも重要なのは、士業としての業務の内、自分が得意としている分野がどの業務なのかを考えると言う事です。これは、マーケティング手法の1つでもありますが、この士業の仕事であればなんでもできますと言う事務所と、これだけは自信がありますと言う事務所では、お客様が求めている士業の仕事の内、集客の観点から随分と差が出る事は明らかです。

その士業の資格を活かして出来る業務が100個あるとしましょう。

しかし、お客様が求めて依頼をしたい内容は、その100個全てではありません。

その中の1つ、若しくは2つ程度の依頼をしたい方が多いと思います。

では、100個全部できますと言う事務所と、お客様が求めている業務を得意分野として、徹底的にお力になりますと言っている2つの事務所があるならば、必然的にお客様は後者の事務所を選びます。

これは、ご自身に置き換えて考えてみても分かって頂けると思うのですが、なんでもやりますと言っている事務所より、自分が求めている業務だけは自信があって、何件もの案件をこなして来ている事や、その業務に関する知識が深いと思うのであれば、得意分野と謳っている事務所にお願いするのは、自然な流れです。

得意なわけですから、お願いすれば間違いが起きず、スムーズに事が進むと想像するのは普通の事ではないでしょうか。そう言った意味でも、前途にホームページは、その事務所の顔だと申しあげましたが、その事務所の顔に、自身が得意としている業務内容をしっかりアピールしておく必要があると言う事なのです。

また、士業と言う業種では、その業務内容からして専門性が高い事から、問い合わせや依頼をかけてくるお客様の中では、大きな不安を抱えて連絡をしてくる方も大勢いらっしゃいます。また、初めての所へ電話やメールなどにて連絡をするわけですから、多少緊張されているかもしれません。その為にも、ホームページ上では、お客様がなるべく緊張しにくいような印象を与える作り方も重要ですし、連絡をする前から不安を少しでも軽減できるような掲載の仕方を考えなくてはなりません。

2-2.具体的なホームページ上の掲載事項

まず、前途でも申しあげているように、プロフィールは必須だと言えます。依頼をしようとするお客様側は、依頼する業務内容だけではなく、依頼をする士業の相手がどのような人間であるかについても見ています。つまり、業務だけを求めているわけではないと言う事です。

プロフィールが詳細で、且つ丁寧に書かれていれば、それ程印象としても良くなりますし、お客様からしても、士業の相手がどのような人物であるか想像しやすくなります。更に、料金設定についても、どこの時点から発生し、どのような流れによって成功報酬を貰うシステムになっているのかを、図などを使って具体的な流れをわかりやすく掲載する事は大切な事です。

士業の業種は特殊だとも言える為、常日頃からお客様が依頼し慣れているわけではない方がほとんどです。例えば、主婦の方がスーパーなどで買い物をする時に、今日はこの野菜は安いから買おうとか、今日はお肉が高いなと、普段の値段を大まかに把握しているような状況ではないと言う事です。

お願いしたい内容がハッキリしていたとしても、その業務をお願いするには、どのくらいの銀額がかかるのかについての相場は、わからないと言う方も多くいらっしゃいます。自分の事務所では、この時点でこのくらいの金額が発生し、この業務が終わったら、この金額を頂きますよと言った明確な金額を提示すべきでしょう。

いくらかかるか、わからない・・・と不安な状態より、このくらいかかるのだなと分かっているのであれば、連絡もしやすいですし、実際に依頼もかけやすくなります。近年では、この金額がかかりますとホームページ上に載せてはいるものの、その後の金額の掲載がなく、最終的に高額の報酬を要求するような悪質なホームページを掲載している所も多くあり、その分士業に対して、お客様の不安は一層深まっていると予測します。ですので、依頼からの流れや、詳細な金額設定などについて、また、これ以上は頂きませんなどの安心できるような言葉を添えておくと良いと思われます。

また、事務所の写真などを掲載する場合は、綺麗である事は大前提の他、応接するスペースはどのようになっているか等についても、わかりやすいように掲載すると良いでしょう。お客様にとっては、出向く事務所は初めての場所となります。そこが、事前に写真などにてイメージできていれば、緊張も和らぎますし、足を運びやすくなります。

また、小さなお子さんを抱えている場合等の対策の為に、遊べるようなスペースがあったり、オモチャなどを用意している事や、お菓子等など。これらのサービス等を充実させている場合にも、しっかりその内容を掲載する事によって、相手に安心感を与える事ができます。

どちらにしても、ホームページとしての事務所の顔は、その内容や文章構成、サービス内容に至るまで、様々な視点から物事を考えて制作する必要があると言う事なのです。なお、ホームページとは別のサイトにて、ブログなどを掲載されている方も大勢いらっしゃいますが、もしホームページを制作するのであれば、ホームページ上にブログや記事などを掲載できる欄を作るのも1つの方法です。ブログや記事には、ご自身の事を書いて、より自分と言う人間を理解してもらうのも良いですし、具体的な業務内容や、相談内容などについて掲載をし、更なる集客を見込むと言うのも1つの方法です。

勿論、ホームページ上に、自身のブログを掲載しているリンク先を貼るのも良いですが、クリックする手間を省くのであれば、ホームページ内の一枠に、ブログの欄を作ってみると言うのもオススメです。どちらにしても、単純に士業の資格を取って、実際に事務所を開業し、ホームページを作れば集客できると言う単純な考え方では、依頼には繋がりませんし、当然の事ながら集客する事はできないと言う事になりますので、作る前の段階から、作った後までの対策までをも考えておく必要があると言う事ができます。

3.SEO対策を知っておく

ホームページを持つ上で、知っておく必要があるのがSEO対策です。初めて聞かれると言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

SEOとは、簡単に言うと、検索をした時に上位に来る事を意味します。例えば、皆さんがよく使われていると思われるYahoo!やGoogleなどの検索を使用する際、検索したいワードを入力して検索しますよね。その検索をかけた時に、ズラリと検索した結果が表示されると思うのですが、この順位をなるべく上位に持ってくる事をSEO対策と言います。

例えば、自分が調べたいワードを検索した際に、ページ数が出ると思いますが、順位が1の場合は、勿論の事ながら1番上に検索結果が表示される為、検索した側の目に止まりやすくなります。

ご自身で考えてみて下さい。
知りたい事があって検索をした時、最低でも1ページ目、若しくは、1ページ目に知りたいと思う物がなかったら2ページ目と進むと思いますが、3ページ目、4ページ目・・・と、次々に閲覧するでしょうか?
おそらくほとんどの方が、再度検索ワードを変更して検索をかけると思います。

これらの事から考えると、SEO対策を十分に取り、なるべく上位に上げると言う事はとても重要である事がわかって頂けると思います。更に、タイトルにあるように、実績が0の状態でホームページを開設しますから、自分が開く事務所の名前を最初から知って検索される方はほとんど無いと思って良いでしょう。ですので、まずは検索された時に、なるべく上位に出てくるように対策をし、いち早くお客様の目に止まる事が重要になるわけです。

SEO対策を行う上では、有料と無料がありますが、まず無料のものを利用する場合については、お客様が検索をする時に、検索項目に入力しそうなワードやキーワード等を自分のホームページ上のあらゆる場所へ掲載する方法です。これを行う事により、相互リンクを通じてホームページへの訪問者が増えると言うシステムです。また、検索ロボットを無料で提供している企業もありますから、是非参考にしてみて下さい。

次に有料ですが、これはアフェリエイトやリスティング広告などが上げられます。どちらもワンクリックで課金されていくシステムとなっており、SEOを買うと言ったイメージをして頂ければと思います。ただし、有料の場合は、更に経費がかかりますから、どちらの対策を取るかは資金の問題にも関わってくると言う事もできるでしょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

実績が無い状態で、ホームページを作成するには、まず検索して貰い、事務所の名前を知ってもらう、また存在を知ってもらう事から始めなければなりません。事務所名も知らない状態から検索をされて、目にして頂く為には、様々な対策が重要となります。ホームページが出来た!と言って喜んで満足していてもお客様はやって来ません。

しかし、ホームページが無くては、このインターネット社会においては、取り残されてしまいます。

また、ホームページを作る事によって、お客様が必要な時に、自由な時間に閲覧できますから、最大の事務所アピールの場でもありますし、最初にホームページを閲覧する事によって、事務所を目で知る事ができ、いきなり連絡と言うよりは、ホームページによってワンクッション置いた状態で対話をする事ができると言う利点もあります。

まずは分野をしぼり、お客様の立場になって、どのような記載内容や、印象を与えるホームページを作るのかを、ご自身でイメージする事から開始しましょう。自分だったら、このような掲載をしてほしいと思う事が、実際にお客様が求めている事かもしれませんし、もしかしたら、自身では不必要だと思った事でも、お客様にとっては必要である内容な場合もあります。

大切な事は、お客様の立場になって想像力を高めて制作を行うと言う事がポイントだと言う事ができるでしょう。

おすすめの関連記事


購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。