2017/07/04

女性社労士が開業する前にやるべき3つのポイント

女性社労士が開業する前にやるべき3つのポイント

1.なぜ独立したいのか、独立して何をなしとげたいのかを明確にする
2.どの業務を主として行うのかを決める
3.現職で応援してもらえる状態で独立できる状態を作る


1.なぜ独立したいのか、独立して何をなしとげたいのかを明確にする

ある社労士受験生にお会いした時、人生を主体的に歩んでいる姿勢があったので応援してお別れしたのですが、一点だけこうしたらいいのに、という点がありました。それは「社労士で独立して何をなしとげたいのかが不明確だ」ということです。もしこれを読んでいただいている方が以下に当てはあるなら注意です。

・社労士に合格したら自分に自信になるから合格したい
・合格したらせっかくだから独立したい(かっこよさそう)
もし独立前の方でこういう考えが1%でもあるのであれば、「あまーーーい!」と井戸田潤ばりに叫びたいと思います。

想像してください。目の前に起業した方がいたとしてこういわれたらどうでしょう?
「会社を作ったのは自分に自信になると思って起業しました」「かっこいいから起業しました」そのような人を応援したいと思いますか?

他の資格試験も同じですが社労士試験や独立開業は自信をつけるため、自分の自己重要感を満たすためにあるのではありません。そのためであればもっとよい他の選択肢を探した方が手っ取り早いです。
独立することは、大げさですが自分の大切な時間と労力をかけたチャレンジです。人生をかけたという表現もある位ですが、何より自分の一番の資産である時間とエネルギーを賭して行うことになります。

何をやり遂げたいから、もしくはどのようなライフスタイルを実現したいから独立したいですか?

この問いに明確に答えることができるようになってから独立した方がよいでしょう。
もしこれに答えられないまま独立しても、名刺交換の時にすぐに露呈しせっかくの名刺交換や交流会や起業という時間とエネルギーが無駄になります。

2.どの業務を主として行うのかを決める

ご存じの通り、社労士の業務は多岐に渡ります。給与計算、就業規則、手続き業務、助成金申請、労務管理コンサルティングete.. どの業務に力を入れて行うのか、主軸として行うのかを決めることが大切です。

よくあるのは、独立当初「なんでもやります」というスタンスでお話しをいただいた業務を全てお受けする方もよく見ます。チャンスに感謝して「なんでも挑戦する」スタンスは見ていてとても応援したくなりますよね。ただこれが間違い、なんです。

スタッフが沢山いて既に独立したら社長業だけを行う、という場合はよいですが(そんなことはごく稀だと思います)、そうでなくて作業も営業もなんでも独立当初は自分で行う場合、業務範囲を絞らないと、あなたの一番の資産である「時間」が「主軸としていきたい業務でない業務」で埋まってしまい、その対応で主軸の営業活動が出来ず、結局なんでもやっているし顧問先は沢山あるけれど、他の事務所との差別化ができずやたらと忙しいけれど、利益が出ているわけでもなくただただ忙しいだけ、という状態にすぐになってしまうのです。


理念経営という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。それは女性社労士の独立時にも同じです。理念=「なぜ独立して社労士をあなたがやるのか」、ということですが、それをブレイクダウンしていくと、何をあなたの事務所は行うのか、ということです。それを決めるのは法人でも、女性社労士の事務所でも同じです。

まず、あなたが何を業務として行うのかを決めましょう。でないとあなたの一番の資産である時間がいくらあっても足りなくなります。

3.現職で応援してもらえる状態で独立をする。


=今辞表を出しても「応援しているよ」と本気で言ってもらえない状態なら言ってもらえる状態になるまで独立を延期してもよい!


独立前は当然ですがどこかの組織に所属しています。現職で今「独立するので辞めます」と言った時、応援してもらえる状態でしょうか?退職する際に一般的には「もう嫌だ」「こんな職場どうなってもいい」そいういう気持ちで退職する場合も世の中にはあると思います。
 

もし独立して社労士事務所を開業しようと考える方であるならば、このような状況は一番避けるべきです。極端ですが、応援してもらえなさそうだと思うなら独立時期を伸ばしてでも応援してもらうような状態になってから今の職場を去ったほうがよいです。それ位重要なことです。

これは独立してから取引してもらうことを狙っているというような小さなことを言っているのではありません。独立したら自分の上司は自分です。そして何より社労士事務所を経営するのですが、経営するのは事務所の前に「自分自身」を「経営」する必要があります。


相手によって態度を変えたり、相手への在り方、接し方が変わっていては信用が作られず、、相手に対して態度や接し方が一貫していることがお客様からの信用を作ります。これは独立してからすぐできるわけではありません。独立する前から既に自分という「あり方」が形成されているからです。

ですので独立時に現職の人から「独立してもいつでも戻ってきてね」と言われる位の人間性や態度の一貫性を備えているくらいでないと、独立してもお客様や接してくれる方への態度やあり方に一貫性がなく信用は作られません。独立しても上手くはいかないでしょう。
 

現職で「応援しているよ」と言ってもらい本当に応援してもらえるという自信が出来る状態になってから独立をしましょう。これは今まで記載した中で一番重要な項目で、その他のどんなことよりも優先した方がよい事です。


おすすめの関連記事

・女性行政書士(士業)でも成功する~女性士業のリアルを知る~

・女性だって士業になれる!今活躍の女性士業

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。