2017/05/18

士業における調査マーケティングとは?

士業における調査マーケティングとは?

マーケティングとは、そもそも会社を運営していく上でも基礎となります。

その中の手法の1つが調査マーケティングです。

士業と言えども、サービス業の1つです。お客様や依頼者様が、どのようなものを求めているのかを知らなければ、どのようなサービスを提供して良いのかと言う事もわかりません。士業にとっても調査マーケティングと言うマーケティング手法は大切な事の1つだと言えるのです。

では、実際に調査マーケティングとはどのようなものなのかについて、解説させて頂きたいと思います。

1.調査マーケティングとは?


調査マーケティングとは、依頼者やお客様の求める事柄や、要求や需要、それに対する商品や、サービス提供を考える為に、人の数や、物の数を、数字化して調べたりする事を意味します。

士業で言えば、まずマーケティングの基礎となる得意分野を考える事になります。その得意分野や、時代のニーズに合わせたサービスを展開していかなければならないわけですが、そのターゲットとする顧客側についても、どのようなサービスを求めているのか?や、どのくらいの料金設定が、必要となるのか?また、その数はどのくらいなのか?と言う事が考える必要があります。

調査マーケティングは、基本的に、ブランドの構築を行う際や、新商品や新製品を販売する際に、戦略の策定としてこの調査マーケティングが使われる事が一般的です。

2.調査マーケティングを行う必要性について


調査マーケティングを行う必要があるのには理由があります。
そこには、実際に顧客が求めている物と、企業側が提供しているサービスや商品などが、一致していない事が多いという背景があります。時間やコストをかけて考え出されたサービスや、商品であったとしても、顧客が興味を持たなかったり、そのサービスが必要ないと判断した場合などは、実際の取引や契約に結びつける事は不可能となります。

こうなれば、単純に、時間の無駄であり、かけた時間とコストは全て水の泡となります。
こうならない為に行うべきである事が調査マーケティングなのです。

この調査マーケティングを行う事により、本当に顧客が求めているものや、サービスなどをまず理解する事ができます。理解し、把握をする事によって、かける時間やコストは、顧客が求めている物を生み出す貴重な時間と労力になります。その結果、顧客が求めているものや、サービスと提供する事により、集客や、利益を上げると言う結果に繋がると言う事なのです。

3.調査マーケティングの基礎


調査マーケティングを行う際の最も基礎中の基礎は、そのサービスや商品などを利用する人、または利用するであろう人に対して、意見を集める事により、集計や分析を行う事が基本となります。この方法は、基本的に、メールや、はがきなどのアンケート調査などによって行われる事がほとんどです。

しかし、士業の場合、お客様に事前にどのような事で困っていますか?などと、例えメールやはがきなどのアンケート調査であったとしても、調査しにくい部分ではあります。ですので、この調査マーケティングの基礎であるアンケート調査については、後からついてくる物だと考えておく方が良いでしょう。依頼を受けてから、その依頼者に対して、ヒアリングを行ったり、後日メールやハガキを頂くなどして、今後の調査に繋げると言う方法になってくると思われます。事前に調査ができない分、他の企業とは違う士業の業種ですので、少しこの基礎的な方法は不利のようにも思いますが、長く経営していく中では、結果的にプラスに繋がってきますので、是非行って頂きたい方法の1つだと思います。

4.交流会などに積極的に参加する


業種によって異なりはありますが、士業の業種についている方達の場合、勉強会や、交流会などの、同じ士業の方たちと関わる場面があります。その交流会などに積極的に参加する事により、情報を集めると言う事も1つの調査マーケティングだと言えます。自分が知らない情報や実態について、周りの士業の方は知っている可能性もあるのです。その情報交換などを積極的に行い、調査マーケティングに応用する事も大切です。

5.インターネットを利用する


近年、インターネットを使った調査マーケティングの手法が多くなってきています。

インターネットは、はがきなどに比べると、利用しやすく、そもそもインターネットは情報に関する分野の産業となりますので、調査をする上でも相性が良いとされ、広がっていった方法です。中でも、Livedoorや、Yahoo!のリサーチについては、一般の方達が回答すると言う事で、より幅広く情報を獲得する事が可能となります。

また、上記で述べたメールによる方法もインターネットを使う事になりますが、メールはウイルスの問題を警戒されたりと、中々アンケートを集めると言う所まで漕ぎ着けにくいと言うデメリットがありますので、インターネットを活用した調査マーケティングを行う場合は、会員制のサイトを利用したり、SNSなどを利用する事によって、更に確実な内容の結果を期待する事が可能となります。

6.調査マーケティングの会社を利用する


企業の中では、この調査マーケティングを行う專門の業者が存在しています。調査依頼を行う場合は、ここに費用がかかりますので、コスト面とも合わせて依頼をするのかをまず考える必要があります。更に、調査会社は、しっかりと選んで依頼をかける事が重要です。いくら調査しているとは言っても、調査数が少なかったりなどの問題がある場合、せっかく費用をかけて調査結果を貰ったとしても、確実な物とは言えないと言う事態が起きてしまいます。
それでは意味がありませんので、ちゃんとした調査会社を選びましょう。

調査会社を選ぶポイントをいくつか挙げておきますので参考にしてください。
まずは、その調査会社に確固たる実績があるのかを確認する必要があります。実績がない会社を選んでも、しっかりとした調査結果を得る事はできません。

次に、情報が古くない事が大切です。時代はどんどんと移り変わって行くものですから、その時々で顧客が求めているものは確実に違ってきます。古いデータを参考にした所で集客を見込む事はできません。

また、データの元となる母数が多い事が重要です。元々のデータ自体が少ない上で集計をしたとしても、確実な調査結果がもたらされると言う事は、かなり厳しくなります。なるべく多くのデータを元に調査を行っている会社を選ぶ事も大切なポイントです。

更に、ターゲットを絞って調査を行っているかなどについても重要です。前途でも申し上げていますが、マーケティングの基礎として上げられるのは、得意分野を見つけて、そのお客様のニーズに答えると言う点にあります。
得意分野を見つけ、それを元に事業展開をするのであれば、顧客の層と言うものにも一定の違いが出てきます。もし、若者層をターゲットにした事業展開を行うと言う場合、全ての年齢層を対象とした調査結果を得たとしても、あまり意味がありません。現在では、特定の業界を調査していたり、それを得意としている企業も存在していますので、自分の事業に合わせた調査会社を見つけると言う事も1つの手となります。

7.まとめ


調査マーケティングについて解説をさせて頂きましたが、まずはお客様や依頼者、顧客の立場になって想像力を働かせると言う事は、1番大切な事だと言えます。相手の立場になって、どのような事を求めているのか?どのような事をしてほしいのか?をまず考えるのが、調査マーケティングの基礎だとも言えるのです。相手を知らずして、サービスを提供したり、商品を開発するなどと言う事は、難しいと言っても過言ではないと言う事です。

おすすめの関連記事


購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。