2017/05/15

士業の独立開業

士業の独立開業

士業の方が独立すると言う事、士業の業種にもよりますが、よくある事です。士業の業種の中でも、独立開業は難しく、就職をした方が良いと言う種類もありますが、逆に独立した方が良いのでは?と考える事ができる士業の業種もあります。

士業の資格が誕生した当時や、まだ有資格者が少ない時代とは違い、今では士業だからと言って必ず安定した収入に繋がると言う考えは最初から持たないようにしましょう。今の時代に通用しない幻想を負うことは労力の無駄でしかありませんので古い考えはさっさと捨て去って相手にしないでください。自分が資格を持っていると言う事は、他にもその資格を持っているライバルがいると言う事になります。資格をとっても、実際には求人がなく、資格を活かした就職を断念する人だって出ている時代であることを理解しておかなくてはいけません。

資格を持ったから安泰と言える時代は終わりました。そんな中で独立したり、開業を考える人は年々増加傾向にあると思われます。
今回は、独立開業を考える事ができる士業の業種について、お話していきたいと思います。

1.まずはなぜ独立開業するのかを考える


自分が士業として独立し、開業する時、どのような事を考えて開業をするのでしょうか。

もっと儲けたいからでしょうか?それとも自分が持つ士業の資格を活かして自分で自由に事業展開したいからでしょうか?

人によって、様々な思いがあり、独立し開業をしようと考えていると思います。

ここで、ふと立ち止まって考えて頂きたいのですが、今この内容を読んでくださっているあなたが独立開業を考える理由が「ただもっとお金を稼ぎたいから」と考えてはいませんか?もしそのように考えているのだとしたら、開業をしない方が良いかもしれません。士業だからと言って、その資格だけを頼りに独立開業をしても、失敗し廃業に追い込まれる危険性があります。

独立して開業し、お金を自分で稼いでいくと言う事はそんなに容易い事ではないのです。

上記でも申し上げているように、士業と言う資格があるだけでは、必ずお客さんが来て、絶対に儲かるのだと言う時代はすでに過去のものとなっています。考えるべき事は、独立し、開業した後に、必ず成功すると言う気持ちと、その成功する為に必要な知識を吸収し、行動を起こすことができる力などが最も重要な事なのです。また、お客さんから見ても同じことが言えるでしょう。

単純に「お金が儲かるから開業した」と言う人と、「夢を持ち、お客様を満足させる事が出来、その結果報酬を頂きます」としている士業であれば、どちらを選ぶでしょうか?

ほとんどの方は、後者に良い印象を持ち、依頼するのではないでしょうか。ですので、まずは独立開業をしようと考えた時、そこにどのくらいの気持ちがあるのか、どのように事業展開していくのかをはっきりイメージしておく事が重要となるのです。

2.ターゲットと分野を決める


同じ士業とは言えども、事業内容は様々です。

また、全く同じ士業の資格を有していたとしても、その士業の方によっては得意分野と言うものが異なります。

例えば、同じ弁護士であったとしても、裁判や、相続問題、債務問題などと、業務は多岐に渡ります。その全ての業務を行うと言う事は基本的にはオススメしません。自分の分野を作る事により、お客様に自分はこのような事が得意だと言う事をアピールする事ができ、集客におけるマーケティングや戦略にも繋がるのです。

言わば、同じ士業であっても、あなたのカラーを作ると言う事が大事です。そうする事によって、依頼する相手側の目にも止まりやすく、印象を強く与える効果があります。

また、想像して頂ければわかるとは思いますが、例えばあなたが借金問題で悩んでいたとします。そこで弁護士などの士業の方にお願いして、その問題を解決しようと考えました。

その時に、「弁護士業務ならなんでもやります」と謳っている事務所と、「債務問題は当弁護士事務所へ!」と謳っているならば、どちらを選びますか?ほとんどの方が後者の事務所を選択するのではないでしょうか。

具体的に、どのような事ができるのかを依頼者は知りたいと思います。

また、このように分野を分ける事によって、差別化を図ると言う事にもつながってくると言うわけです。

次に、ターゲットとなる年齢層などをその方の立場別に考える事も大切です。そうする事により、更なるサービスを展開する事ができ、集客により一層近づく事が可能となります。

また、その方達のニーズに合わせて、どのような問題を抱えているか?や、どのような問題が増えているのかなども調査する必要があります。

相手を知らなければ、どのようなサービスを展開して良いかの指針が生み出せません。このように、ターゲットや、分野などを決定する事により、更なるマーケティングの基礎となり、集客に繋がりやすい結果、独立開業をしてもうまく事業展開をしていけると言う事になるのです。

3.料金プランと導線を考えよう


独立開業したとしても、集客し、報酬を頂かなければ事業展開はできません。

この、依頼を受け、報酬を貰うまでの導線を、自分の事務所や会社で行う際にはどのようにするのかを具体的にイメージしておく事は大変重要項目と言えます。

例えば、相談を受けるのであれば、料金をどのようにするのか。一定の料金を貰うのか、それとも相談だけなら無料にしておこうと思うのかなどです。

その時も、お客様が安心して利用できるような設定を想像しながら設定する事が大切です。なんでも、こちらの都合だけで考えていけば、やがて事業は破綻します。もし、初回の相談は無料にした方が良いとするのであれば、結果的に依頼に至るまでのシミュレーションも考えておくなどの想像力が必要です。

また、この流れを考える際、他の同業者がどのようなプラン設定をしているかも確認しておくべきでしょう。親切で丁寧なだけでは、お客様を確保する事はできません。予めしっかりとした市場調査を行い、その上で自分の事務所や会社のプランや流れなどを考えて進めていくと良いでしょう。

4.顧問契約を考える


士業の業種の中で、よくある契約の中の1つに顧問契約があります。

顧問先を確保する事ができれば、一定の期間、決まった時に一定の報酬を貰う事ができますので、独立開業し、事業を展開していく中でも、安定した収入を確保する事が可能となります。

また、この時に注意して頂きたいのが、顧問をするからと言って横柄な対応をしていてはいけません。現在でもその風潮がありますが、一昔前までは士業と言えば専門家の先生としてお客さん側が頭を下げた時代があります。このような考え方を持っているようであれば、必然と顧問先だけでなく、依頼してくるお客さん自体は離れていきます。顧問をする場合は、親切丁寧をモットーに、顧問先の抱えている不安や、問題などを速やかに解決し、信頼を得る必要があります。

また、普段からも、仕事上だけではなく、相手の状況や、家庭など、あらゆる所からサポートする事や、問題を認識しておく事により、実際に問題が起きた時に対処がしやすいと言う事に繋がります。

その結果、得る物は信頼なのです。

その得た信頼は、更なる集客を見込む事が可能となり、事務所や会社の運営維持に繋がります。

5.まとめ


士業と言っても忘れてはいけない事は、他のサービス業と、大差ないのだと言う事です。

サービスは、お客様が求める物について、もてなすと言う事なのです。士業として独立、開業をするにしても、一般企業とは変わらないようなサービスを展開し、お客様を確保する事によって、更なる集客を見込んで運営を継続して行かなければなりません。

士業で独立開業した方は、経営者であり社長であると言う事を忘れてはいけません。

おすすめの関連記事


購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。