2017/08/26

士業が集客で結果を出すために考えておくべき4つの事

士業が集客で結果を出すために考えておくべき4つの事

士業の皆さんが、独立などをした際に行うべき集客活動は、現代ではもはや特別な事と言えない時代となりました。独立をした人は、士業と言う専門的な資格や知識を武器に、事業を展開して行きますが、士業で開業したと言えども、一般の企業を経営している経営者と、実質的には何ら変わりはありません。

士業だから、専門家だからと言って、黙って待っていても、依頼者やお客さんがやってきてくれることはありません。一昔前であったり、長年の取引先や付き合いがあったりする士業の方であれば、頑張って集客活動をしなくても、おのずとお客さんはやってくる事もあるでしょう。

しかし士業にも時代の流れと言うものがあります。時間が経過すると言う事は、その分同じ士業の資格を持ち、同じ事業を展開している士業ライバルは沢山存在していると言う事なのです。ですので、士業と言えども、現代ではマーケティングの基礎から知識を身に着けて、依頼者や、お客様の集客を見込まなければ、廃業に追い込まれてしまう時代だと言う事はわかって頂きたいと思います。

1.マーケティング能力を身につける


営業を行ったり、集客を見込む場合に、基礎的に必要な知識とも言えるのが、マーケティングです。このマーケティング能力や知識があるのと、ないのでは大きな差が生まれます。

まず、開業をする場合に、必ず考えて頂きたいのは、自分の強みを見つけると言う事です。
例えば、弁護士を例にあげて解説してみましょう。
弁護士の行う業務は多岐に渡ります。裁判所で相手とやり取りをする事が得意な弁護士もいれば、借金問題についての知識が豊富であり、それに特化して業務を行っている人もいます。このような事からも、わかって頂けるとは思いますが、一概に〇〇士とつく同じ士業の中でも、得意分野と言う物を見つける事はとても大切な事です。この得意分野を見つけ、それを自分の事務所や会社の売りにする事により、同じ士業としても差別化を図る事が可能となります。
そして、その見つけた得意分野は、自分の大きなアピールポイントとなり、強みに繋げる事ができるのです。
また、マーケティングには、営業活動や、広告を出したり、商品を販売すると言う事も含まれています。
ですので、まず集客活動をする際には、必ずこのマーケティング能力を身につけると言う事が最大の集客への近道とも言えます。

2.事務所や会社の場所を考える


一般的な企業にも該当する事ではありますが、士業についても、事務所の場所を考える立地条件と言うものは、集客にとっても大切な事柄です。大げさな言い方にはなりますが、いくら良いサービスを提供していたとしても、事務所が山奥にあるとなれば、なかなかお客さんは足を運びにくいですよね?依頼者は、事務所や会社への専門的なサービスと共に、行きやすさと言うものも現実的に考える事になります。

理想的なのは、大きな駅などの近くになりますが、そう言った場所には借りる賃料が高いと言うデメリットも含まれますので、まずはご自身がどのような顧客をターゲットにしているのか、という事から考えて行くと良いでしょう。その顧客が訪れやすいなと調査した場所に事務所を置くと言う事も、相手からしても足を運びやすく、結果として集客に繋がると言う事になります。

3.WEB集客を考える


一昔とは違い、インターネットの普及は加速しています。

営業活動の記事にも掲載させて頂きましたが、士業だとしても、現代では営業活動を行う事は大切な集客に繋がります。ただし、士業と言う業種については、一般企業のように、会社に電話をかけたり、足を運んだりして積極的に売り込む事は避けるべき業種です。

士業は、依頼を受け、それに対する専門的な知識や資格を利用して顧客の依頼に答え、それに対し報酬を得る事になります。ですので、一般的に行われている営業活動には不向きなのです。

そこで使って頂きたいのが、インターネットなどのWEBでの集客活動を行うと言う事です。集客活動に繋げる為に、まずは自社のホームページを立ち上げましょう。そこに、自分達のやっている事業や、魅力などを豊富に盛り込みます。また、集客活動の1つとして是非使って頂きたいのが、コンテンツマーケティングです。

コンテンツとは、読み物などを提供する事によって、読み手にファンになって貰い、結果依頼を受けて集客を行うと言う事です。士業は専門職ですから、その資格がなければ出来ない業務もありますし、資格がない人が知識をある程度身につけて取り組んだとしても、資格を持たない一般人ですから、不備が起きる可能性があります。そのような人たちが士業を頼ってくるわけですが、ある程度の知識を無償でネット上に掲載する事により、結果的に印象を良くする事によって、依頼がかかると言う事に繋がります。専門的な知識をネット上で与えただけでは、それだけで読み手である本人が全ての士業の業務を行うと言う事は不可能に近いのです。

その事からわかって頂けるとは思いますが、初めは印象を良くする為に情報を提供し、結果集客に繋がると言う手法なのです。また、定期的にホームページの内容は修正を加えると言うのも1つの手です。新しい情報をどんどん掲載していくと、読む相手側にとっても楽しいホームページとなります。

その他、WEBで集客を見込む場合に対策を取っておきたいのがSEO対策です。

想像してみて下さい、GoogleでもYahoo!でも構いませんが知りたいワードを検索エンジンの検索項目に打ち込んで検索をかけたとします。
クリックすると、ズラ~っとその知りたい事に対するページが表示されますよね?
そのページの上段の方から皆さんはクリックし、そのページを訪問しませんか?
ズラ~っと出てきているのに、次のページを押して、何ページも後のサイトをいきなりクリックする事は、ほぼないのではないでしょうか?
その問題を解決するのがSEO対策です。

この対策を取る事により、検索した時になるべく上位に表示をさせる事ができ、より多くの方に自分のサイトを訪問して貰いやすくなると言う事なのです。士業の集客は、直接ではなく、1番活用して頂きたい手法はインターネットです。ここで、どれだけの事務所や会社のアピールが出来るのかどうかによっても、集客には大きな差が出て来る事を頭に入れておいて頂ければと思います。

4.ソーシャルメディアを利用する


ソーシャルメディアとは、皆さんも使われている方が多くいらっしゃると思いますが、Twitter・Facebook・Instagramなどの事を言います。自社のホームページとは異なり、個人的な情報まで掲載しやすく、見る相手側にとってもホームページに比べれば非常に身近に感じやすいと言う事がメリットです。

ただし、注意が必要なのは、ソーシャルメディアは、自社のホームページではありません。ソーシャルメディアを自社のホームページのように利用すると、信頼度が低くなる為、士業として運営していく中では非常に不利です。
あくまでも、自社ホームページと、ソーシャルメディアとは区別して使う必要があります。

ソーシャルメディアでも、使いやすいと思われるのが、本名を登録するFacebookです。Instagramなどは、本名の登録が必要ないため、誰なのかが特定しにくいと言うデメリットがあります。そのような事から、どれが使いやすいのかを選び、より多くの方に自分と言う存在をアピールできるかと言う事も集客活動をするに当たって大切な事と言えるでしょう。

その他、現在では全ての士業を検索できるようなポータルサイトなどもありますので、是非活用してみて頂けたらと思います。

おすすめの関連記事


購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。