2017/04/27

士業の将来性についてはどうなのか?

士業の将来性についてはどうなのか?

1.士業に将来性には、人口が関係している?


「士」とつく名前の業種は、多種多様です。

その様々な業種が存在している士業では、それぞれの将来性についても一概に同じだとは言えないのが現実でしょう。

現在では、人口が減少傾向にある為、情報の中では士業の将来性については否定的な意見が多く見受けられるのも確かです。

ただし、これはあくまでも人口だけの問題として考えた場合です。人が少なくなるという事は、それだけ依頼が減るという観点ですから、それはそうなのかもしれませんが、例えば弁護士で考えてみますと、人口が減ったからと言って、裁判の事例が減ると想像できるでしょうか?人口が少なくなったからと言って、法律における問題が絶対的に少なくなるとは限らないと思われます。時代はどんどん進んでいくものですから、その時代に合わせた背景により、今よりももっと多くの問題が発生する可能性はあるのです。

そのような観点から考えますと、人口が少なくなった=弁護士への依頼が少なくなったとは限りません。

わかりやすく例をあげて考えてみましょう。

年々人口が実際に減っているのは確かです。
その中で、景気も悪くなってはいませんか?
この事から、お金に困って借金をする人は昔に比べて多いはずです。
消費者金融からお金をあちこちで借り、返済のめどが立たなくなったとします。
この場合、専門家である弁護士さんなどに相談する事になると思います。
人口が減ったからと言っても、それ以外の理由によっては、依頼が増える可能性があるということなのです。

このことからも、わかるように、人口だけで士業の将来性を判断するのは難しいと思われます。

2.資格習得後にどのように動くかが将来性に影響を与える


士業の将来性を考えるときには、まずはっきり言える事は、その資格をどのように活かし、営業.かつマーケティングを行い結果を残せるかどうかだと言えます。

どういう事かと言うと、当たり前の事ではありますが、士業と言う資格が誕生した時は、もちろんの事ながら、その資格を持っている方は少ないわけですから、自らマーケティングやアピールをしなくても集客する事は可能です。

しかし、何年、何十年と時が経過していくごとに、士業の資格を持つ人はおのずと増えていくのは仕方のない事です。

そもそも、士業は専門職でもありますから、一般的な企業に勤める会社員がすべてできるという業種ではありません。

ですので、士業の資格を持っていれば、なにかしら集客の見込みは出てきます。

ただし、前途でも申し上げたように、士業の資格を持つ人は年々増加していくものです。

そこで、必要となる事が、集客をする為のマーケティングや営業となるのです。自分の専門知識の中でも、もっとも得意とする分野を絞り込み、自己アピールをする事によって集客をしていくわけですが、集客ができていない人と、できている人では、同じ士業の資格を持って経営したり、勤務したりしていたとしても、将来性は違うと思いませんか?

つまり、どのように行動し、運営していくか、活動していくかによって、それぞれ将来性は違う為、一概にこの士業は将来性がある!と言う断言はできないという事です。

3. ITの進歩が士業に影響を与える?


士業の中でも、社会福祉士や、弁護士や行政書士などに相談する際に、ソフトの開発などにより、近年そロボット化が加速しており、実際に相談をする為に足を運んだり電話連絡をしなくても、インターネットである程度、専門性の高いサービスを受ける事ができるような時代となってきました。その為、依頼をしなくても自分で解決をしてしまえる人も出てくる可能性が大きくなってきます。

そのような背景を考えれば、将来性と言う観点から考えると、少し暗いのではないかと言う見方が存在している事も事実です。

しかし、そこで士業をあきらめるという必要はないと思われます。ロボット化が進んだとしても、結局は士業と言う業種は専門性の高い職業である事が多い為、必要がなくなるという事はないでしょう。

要は、士業の資格を得た後、どのように動くのかがポイントという事になるのです。ロボット化が進んだとしても、それに対抗できる対策や営業を行えば、対して影響がないという結果に繋げる事は十分に可能だからです。

ですので、ITが進んだからと言って、あきらめるのではなく、ITが進んだからこそ、それを逆に利用する形や、活用する事によってうまく運営していったり、それに対抗できるくらいの自分の魅力を身に着ければよいという事なのです。

4.士業を考える前に、起業塾?


士業と言うのは、専門性の高い業種である事が多く、ほとんどが国家資格です。

士業の将来性を考えた時、その士業の種類や、経営形態などによって、将来性が違う事は前途で申し上げました。

ここで少し余談とはなりますが、考えて頂きたいのが起業塾です。
士業の資格を取って、専門性の高い仕事を提供できるようになったとしても、今はその同じ資格を持ち、同じ職業についている方はたくさんいる為、結果的にマーケティングや集客は必須となるわけです。集客ができないとするのであれば、その士業の資格を取っても報酬には繋がらないわけですから、はっきり言って意味がないとも言えます。

ここで、是非活用してみて頂きたいのが、起業塾なのです。士業の資格を取り、どこかの企業に就職を考えている人の場合であれば、そこまで視野に入れる必要性はないとは言えますが、将来的に自分が開業などを考えており、マーケティングなどの知識がないのであれば、起業塾を利用するという方法があります。起業塾では、集客の基礎であるマーケティングから、経営の方法まで、開業させて成功させる為の様々なノウハウを持っているプロです。このような塾を利用する事によって、自分が取った資格を、活かす事ができるという事に繋がる可能性が高くなります。

せっかく資格を取っても、マーケティング方法がわからなければ、ぼーっとしていつまで経ってもお客さんが来ないと言った結果になりかねません。昔に比べれば、時代の流れと同じく、士業の資格を持つ人も同時に増えています。増えているという事は、ライバルが多いという事なのです。

ですので、士業の資格を取った=必ず儲かる、将来性がある、とはなりません。

士業と言う専門知識を得たうえで、更にその資格を活かし、運営していく能力を身に着ける事によって、あなたにとっての士業の将来性は確実に膨らみます。

ただし、一つ注意点として上げさせておいて頂きたいのが、意味のない起業塾です。近年起業塾は増加傾向にありますが、多額のお金を要求しているにも関わらず、その金額に見合わない内容のセミナーや塾が増えてきています。
これではせっかくお金をかけても無駄になってしまいますので、自分が士業としてどのような企業にしていきたいかや、考え方を吟味したうえで、確実な起業塾を選びましょう。きっと、起業塾を使うという事によって、あなたや、未来の士業にも将来性に変化が出るのは間違いないと言っても過言ではない時代になってきているのです。

5.士業の将来性のまとめ


いかがでしたでしょうか。
士業の将来性と言っても、幅広い士業ですから、一概には将来性がある!ない!とはもう言えない時代になってきています。将来性を語るのであれば、自分がその士業としてどのように動くかがポイントとなるのです。この士業はもう多くの人がいるから将来性がないなどと、決めつけてはいけません。

将来性がないと噂される業種であっても、やり方や動き方次第で、高収入に繋がるという事はざらにあるのです。このような事から、自分と照らし合わせて考えていく事が将来性があると断言できる大きな近道となるのではないでしょうか。

おすすめの関連記事


購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。