2016/11/10

海外の保険加入や不動産投資

海外の保険加入や不動産投資

トランプ氏がアメリカの次期大統領に決まりましたね、皆さん不安と期待が入り混じった状況だと思います。いずれにしてもこれからは、私ども専門家はクライアントサポートのためにも、より良い情報を正確に判断していくことが重要になります。
 
最近は富裕層中心に、海外での投資も数多くなっていると思います。私どもの事務所ではこれまで数多くの富裕層の方に、海外での資産保全を提案実行してきました。結果として大変うまくいったケースも多数ある反面、もう少し注意して進めればと思う反省点もあります。特に、海外での保険加入や不動産投資においては注意が必要です。
保険については、投資の一環として行われることが多いですが、

1)運用は何でおこなわれるのか 

2)確定利回りなのか 

3)利回りの最低保証はあるのか 

4)死亡保険が出ないケースはどのようなことがあるのか 

5)受け取りは日本の銀行でできるのか

などなど数多くの注意点があります。エージェントやブローカーは悪いわけではないですが良いことしか言いません。でもしっかり確認すれば海外保険の加入もメリットは多大にあります、日本にはない商品です。
また、海外の不動産投資も節税などの観点も含め、多く行われています。でも、トラブルも多いのも事実です。

1)想定の賃料が入らない 

2)修繕費が予想外にかかる 

3)テナントが思うように入らない 

4)弁護士を通じてクレームが来た 

などなど、投資先は海外なのですぐに見に行くわけにもいきません。でもこれも日本の税制や海外の不動産市況を考えると多くのメリットがあります。
 つまり、しっかりとした日本側:投資側のサポートがないと痛い目にある可能性が高いです。それも、机上の空論ではなく実績や経験に基づいて対策をとる必要があります。
 私どもは数十年にわたって海外投資のお手伝いをした経験から、抑えるべきポイントや海外での信頼できる事業パートナーを数多く保有しています。もし、海外保険や不動産に興味のあるクライアントさんがいましたらおつなぎください。最先端の情報をお伝えいたします。

公認会計士 漆山 伸一

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。