2016/10/02

地球を良くするために何ができるのか

地球を良くするために何ができるのか

イトケン塾は、儲かる・儲からないでやっているわけではありません。今の所得で十分ですし。でも僕がやりたいことから考えると、会社が利益を出していたとしても、今やっていることは失敗すると思っているんですね。なぜなら地球が良くならないから。

それに対してもう劇的に、今みたいなやり方をしててもたどり着かないなあと思ったので、最近は何をやってるかっていうと、起業家の仲間をとにかく増やしていくことにコミットしているんです。

僕は2016年の1月からの半年間、セミナーを150回ぐらいやっているんですね。年間400回ぐらいのペースです。今年だけで参加者は1万人ぐらいいるんです。起業家ですね。

これは何のためにやっているかっていうと、お金をもらってなくてもやっているんです。小倉までわざわざ行くだけでも1万円ぐらい赤字で行っていたりと。時間にしてもかなりかかるんですよ。

でも、起業家の仲間を増やしていって、この仲間の人とたちと一緒に地球を良くしていきたいと思っている。だから1社ではもう無理だとわかってるんです、絶対。

一生懸命やって、もしかしたらできるかもしれないですよ。でもどっちが早いかっていったら、同じ志を持つ仲間をとにかく集めていって、その仲間と一緒に地球を良くしていこうととアクションしたほうが絶対に早いんですよ。

だから今年コミットしてやっているのは、とにかく日本で一番の起業家の仲間を作ること。5年で作り切るって決めているんですね。すでに200社ぐらい起業家の仲間ができ始めていて、5年後に1万人にしようと思っているんですよ。

1万ってやっぱり結構すごくて1億円稼いでいる会社が1万社入るだけで1兆円になりますね。大企業に匹敵するインパクトがあるんです。

だから自分の会社を1兆円にしようとはまったく思っていなくて、僕の仲間、チームの売り上げ合算。売り上げが大切なんじゃなくて、社会的な影響力っていうのを大切にしていて。

儲けようと思えば、高額のコンサルをすればいい。高いところで月額100万とかもらっているコンサル先があるので、ここを作っていったほうが早いんです。売り上げを上げるという意味では。

でもこれも別に僕がやりたいわけではなく、やっぱり地球が良くなってほしいなという思いがあるので、若い起業家たちの応援に注力してやろうと思っていて。

だから僕個人の動きでいったら赤字なんです。会社でいうと。でも、理想論だけじゃなく、僕が7年かけてキャッシュフローを作ってきているので、いざ自分がやりたいっていうのが見つかった時に、かじが切れているというのは間違いなくあるはずです。

おすすめの関連記事

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。