2016/08/24

錦織圭 ケタ違いの8億円超

リオ五輪の最高報奨金額は、水泳の荻野公介 4,437.5万円

リオ五輪の最高報奨金額は、水泳の荻野公介 4,437.5万円

団体総合と個人総合の金メダル2個の内村幸平は1,100万円 プロスポーツ選手はケタ違い 錦織圭のスポンサー報奨金は8億円

 

リオデジャネイロ五輪は、史上最多の41個のメダル(金12、銀8、銅21)を獲得

これまでの最多は2012年の38個。金メダルに関しては1960年のローマオリンピック、1964年の東京オリンピック、2004年のアテネオリンピックの金16個が最多獲得。次の東京五輪に期待がかります。   日本の五輪選手強化費は、2020年の東京五輪に向けて年々増強されています。2013年9月7日に東京がオリンピック開催都市に決定してから、2013年には25億円だったものが、2014年50億、2015年70億、2016年は100億円を突破。2016年の6月7日には金メダルの報奨金を300万円から500万円に増額しました。     【関連記事】ネットメディアは報道機関ではないので自由な使用は禁止  

報奨金に税金はかかるのでしょうか?

  ・JOCからの報奨金に関しては、非課税となります。(租税特別措置法第41条の8第1項)
























体操の内村航平さんに特別報奨金+250万×2(無税)と400万の会長報奨金(課税対象)が贈られました(9/14追記)

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。