2016/07/20

商標権・著作権ブローカー

『商標ブローカー・ビジネス』(後篇)上田育弘氏の暴走はいつ止まる 

『商標ブローカー・ビジネス』(後篇)上田育弘氏の暴走はいつ止まる 

なぜ上田育弘氏の暴走を止めることが出来ないのでしょうか?


 特許庁は出願を受け付けた後、これを登録すべきか否かを専門的な観点から審査を行い、権利を認定するのが仕事です。問題のある出願でも申請があれば出願事態を禁止することはできません。出願を禁止する法律もありません。他者に著作権が存在する場合にも「商標登録出願」をすることができます。特許庁からの催促に応じない場合に初めて却下処分される。

日本の商標権は、登録によって商標権が発生する「登録主義」。(※米国、カナダ等は商標の使用によって商標権が発生する「使用主義」を採用しています。)ですから、昔から使っている商標でも、先に他人が登録してしまえば基本的に使えないことになります。使用によって権利が発生するわけではないので、片っ端から登録することも理論上可能ということになります。

問題は出願料です。


特許庁では、「出願手数料の支払いを失念した等の手続上の瑕疵のある出願でも、まず出願を受け付けて、一定の期間内に出願手数料の支払いの機会を設けるとともに、出願人が出願手数料を支払う意思のないことを確認したうえで出願を却下処分としています。」とあります。

この場合、出願手数料を払う意思がないことが問題になりますが、上田氏は「権利化してメリットがあるものだけを厳選している」(朝日デジタル)と話しているように、支払う意思がないわけではありません(と弁明しています)。


この記事には続きがあります

続きを読む場合は、ログインしてください。会員でない方は会員登録へお進みください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。