2016/07/18

コンサルティングに使えるコーチングってどんなの何?

コンサルティングに使えるコーチングってどんなの何?

コーチングって聞いて、皆さん何だと思いますか?コーチングにはいろいろな種類があります。体を動かして集中力を高めたり、面談などをしてサポートしたりなどです。僕は、ビジネスに使えるコーチングセミナーを受けました!

クライアントが選ぶ判断基準は?

クライアントさんはどうやって選ぶと思いますか?僕は、見た目か実績だと思うのですが。。。。しかし違いました。コーチングの先生は、「自分の話をちゃんと聞いてくれる人」です。言われてみれば私もそうかもしれません。では、ここで考えなければならないのは、人の話をいかにうまく聞くかが重要になってきます。

 

聞き上手になるための3つの方法!

1傾聴スキルを上げる

傾聴スキルを上げる一番良い方法としては、まずは「笑顔」になることです。笑顔というといろいろあると思いますが一番想像しやすいのは、赤ちゃんを見たときに絶対笑顔になりますよね?よしよしなどした時に。その時の笑顔です!

 

2オーム返し

オーム返しと言われてわかりますか?オーム返しというのは、相手の言ったことを言い換えずにそのまま返すのです。例を挙げると

 

A「10年後、僕は100人規模の事務所にをつくりたいです。」

B「100人規模の事務所をつくりたいんですね」

A「そうです。そのためには、今から人脈を広げ多くの経営者と関わることが重要だと思っています。

B「多くの経営者と関わることはとても重要ですね。」

 

このように相手に言った言葉を大事にして、そのまま返してみてください。私も体験してわかりましたが断然話しやすくなります。お客様先で実践してみてください。相手から話しやすい印象を受けるはずです。

 

 

3褒め言葉をサンドウィッチ

これは、2のオーム返しに褒め言葉を交えながら話すということです。「みほこさん」というのが大切だそうです。

み→認める

ほ→褒める

こ→肯定する

これを意識して相手の話を聞き会話をしてください。私も経験しましたが相手の方はとても良い印象を受けていました。

 

まとめ

士業でもコンサルティングをしている方は多くいるでしょう。その時にこの方法を使えば、今まで聞いていなかった本音を聞き出すことも可能かもしれません。聞き上手になるだけでお客様の印象も良くなり、お客様からご紹介していただけたり、などといったことが増えるかもしれません。実際に実践した方は、どんどんご紹介していただいているそうです。


おすすめの関連記事

・税理士の常識を打ち破るコンサルティング税理士事務所

・行政書士のコンサルタント化|代書屋からの進化

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。