2016/06/25

超えてはならない一線

超えてはならない一線

倫理

 倫理というのは普段それほど意識しないが、士業の業務をしていく上で避けて通れない重要な問題であります。利益相反に守秘義務、法令順守……どれも明確な正解があるわけではありません。それだけに難しいことです。

 すべて教科書どおりにやろうとしたら、ハッキリ言って仕事にならない。その前に断わらなければならないケースが出てくる。断ってばかりでは事務所が成り立たないし、依頼人のためにもならない。だが、絶対に超えてはならない一線というものも確かにあります。その見極めを誤らないことが重要なのです。結局は、現実を見据えながら、自らの資格を秤にかけてケースバイケースで判断するしかないと思います。最終的に責任を負うのは自分なのだ。

この記事には続きがあります

続きを読む場合は、ログインしてください。会員でない方は会員登録へお進みください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。