2016/06/24

若い税理士に相談

若い税理士に相談

年配ベテラン税理士と若手税理士の境目は?

若い税理士というが、いったいどの年齢が若いとされるのでしょうか。だいたい一般の会社で言えば、20~30代前半くらいまでが若手、30代後半~40代半ばくらいが中堅、40代後半から50代くらいまでがベテラン、60代以上が大御所といった感じです。

ところが税理士業界は非常に年齢層が高いのです。一般企業の平均年齢がだいたい40歳くらいだとするならば、税理士の平均年齢は65歳前後なのです。40~50歳代でも税理士業界で言うと「若手」ということになってしまうのです。どこかで分けなければならないとすれば、「65歳」というところが一つの区切りとなるのかもしれません。

年配の税理士の特徴とは?

他の年代と比較して料金設定は高いが、経験や知識は豊富である

→ 経験が長いので、自分自身が体験した節税方法や経営関係へのアドバイスをすることが出来る。ただ、過去の経験にとらわれすぎてしまい、新しいものへの柔軟な対応ができない。

税務調査のときにも、存在感を発揮する

税務調査官に同じことを言っても、年配税理士の方が、発言に重みがあると受け止められて主張が通りやすくなることもあります。また、税務署の方も年上の人には厳しい態度はとりずらいものです。さらに、国税庁出身の税理士であれば、税務調査官の目線でアドバイスしてもらえるのも強みです。

最新のIT技術やSNSなどの技術には対応できない

→ やはり新しいものへの対応力は低い。いまだにメールができない人もいるようです。ウェブ対策?SNS?何それ?という感じです。

税理士本人ではなく所員が対応していることが多い

→ 直接相談できる機会が少ないという話をよく聞きます。多くの顧客を抱えていると、あまり自分自身で対応することは少なくなります。日々の処理を補助の事務員に任せていることが多いため、税理士本人と話をする機会が少なくなってしまいます。

この記事には続きがあります

続きを読む場合は、ログインしてください。会員でない方は会員登録へお進みください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。