2016/06/27

税理士:長野靖久

士業が新しい領域に!?コワーキングスペースを運営!

士業が新しい領域に!?コワーキングスペースを運営!

税理士という資格を持ち多忙な中でなぜ、ここの経営をやろうと思ったのですか。

まず第一に税理士の仕事をする中で、さまざまな起業家の方々との接点が生まれ、そういった方々に魅力を感じ、何らかのかたちで役に立ちたいという思いがあります。起業を考えている方や起業した方などにこの場を利用してもらうことで、仕事の能率を上げていただく一方で、起業家同士の交流や情報交換の場として需要が高まることを一つ目指しているんです。

なるほど。起業家の方はどこかに必ず普通の人にはない魅力を持っていますよね。

そうですね。特に行動力なんて、ほんとすごいじゃないですか。仕事に対して常に本気で必死に生きている姿がかっこいいと思っていますし、そういった方々に私も近づきたいと思っています。そういう方々を増やすとともに支援や手伝いをしたいという思いは強いのです。

それから第二に、税務のお客様にも経営者の方々がいらっしゃって、そういう方々と同じ立場に近づくために経営に挑戦しようという気持ちがありました。つまり起業した経営者は誰でも同じようにリスクを負いながら、会社を立ち上げ日々奮闘しているわけで、自分自身もお客様と同じような立場に立ち、さまざな知識やノウハウを身につけていくことがお客様のためにつながると考えています。そこそこの現状維持の感じで税務の仕事をしていてはお客様に失礼だと思うんです。

そもそもなぜここの物件にしたんですか?

いろいろ条件を考えながら探していたんですけれど、なかなか物件が見つからなくてどうしようかすごく困っていたんです。そんな中でたまたまここを前の経営者からお譲り頂くことができまして。でも当初は60坪とかなり規模が大きいこともあって少し躊躇しましたが、ずっと2、3か月くらい物件を探してくる中で、ここを逃したらもう一生やらないだろうと思ったんです。だから決断は早かったですよ。

まったく新しいこと、まして経営という仕事です。不安はあったと思いますがいかがですか?

めちゃめちゃこわいですよ。ぜったいこれはいける、なんていう事業はないわけで、リスクを負いながら想定する売上にいかに近づけていくかが勝負です。実際に運営することは難しいことだと思いますが、だからこそ今までの仕事ではしてこなかった積極的な営業を心掛けているんです。税務の仕事ではお客様を紹介して頂くことが多かったのですが、今は自らの行動によって顧客を開拓していくということにやりがいを感じているわけです。リスクをとるからこそ成長できるんだと思います。

なるほど。リスクと引き換えに今までにはない新たなやりがいを感じているんですね。この空間を提供、運営することでどんなことを期待していますか?
 
そうですね。まず起業を考えている方、迷っている方の後押しにつながるといいと思っています。イベントも含め、起業家や起業を考えている方々が出会って新たな交流が生まれ発展につながることはひいては国の活性化につながると思っていますから。もちろん起業家の方だけでなくイベントや会合、個人で来られるさまざまな方々に、さまざまなかたちで使って頂くことで、そこにも出会いや人とのつながりができますし、そのつながりから生まれる可能性というのは大きいものだと思っています。そして士業の方々とはこういった事業を協力しながら展開して士業同士、横のつながりを拡張していきたと考えていますし、そのためのきっかけにできればと思っています。

税理士をやられながら、新たに施設を経営するというのは大きな決断だったと思いますがどうですか?

この記事には続きがあります

続きを読む場合は、ログインしてください。会員でない方は会員登録へお進みください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。