2016/06/16

顧客ゼロからの社労士開業

顧客ゼロからの社労士開業

 社労士として開業するためには、営業を第一の壁として越えなければいけません。この解決法の中には、開業前から顧問契約をしてくれそうな人を増やしておくという手があります。もしも実際に社労士として開業した人が顧客ゼロで見込み客もまったくなかった場合、一体そこからどのようにして顧客数を増やしていけばいいのでしょうか。今回はこの営業に関するお話を具体的にしていきましょう。

 まず最初に、大枠でぜひ覚えておいてほしい知識があります。それが、営業は「プッシュ(英語で押すという意味)型の営業」と「プル(英語で引っ張るという意味)型の営業」の二つに分けられるという話です。プッシュ型の営業とは、一言で言えばこちらかお客さんの方へ行く営業のことです。これに対してプル型の営業とは、お客さんの方からこちらへと来てくれる営業のことになります。

お客さんの方から来てくれるなんてそんな都合のいい話があるのかと思うかもしれませんが、例えばあなた自身がセミナーを開催したり、あるはホームページに問い合わせ先を記載しておけば、興味がある人は自発的にあなたへコンタクトをしてきてくれるのです。

 それでは二種類のうち、一体どちらの営業をすればいいのでしょうか。初めに結論を言っておきますと、「両方とも頑張るべき」となります。当たり前ですが一見良さそうに見えるプル型の営業は、お客さんの方から連絡があるのを待つ時間が非常に長いものとなります。

そのため待ち時間の間は自分からお客さんのもとへ電話営業や飛び込み営業をするプッシュ型の営業をした方が効率的なのです。開業したてのうちの営業は、本当に苦労が多いものです。間違っても楽だからという理由だけで、ただ待つような楽天的な態度でいてはいけません。

 ただし、両方やるのは前提とした上でより力を入れてまず取り組むべきはプル型営業力になります。具体的に言えば、見栄えのいいホームページを作り、その上でたくさんの人から検索して見つけてもらえるようにSEO対策をしていくということです。

この記事には続きがあります

続きを読む場合は、ログインしてください。会員でない方は会員登録へお進みください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。