2016/06/16

公認会計士・税理士:金志煥

豊富な経験を社会意識の変革に

豊富な経験を社会意識の変革に

会計士として30年のキャリアをお持ちの中で昨年4月に開業されましたが、その経緯や背景を教えて下さい。

会計士の資格をとってから監査法人に入ってやってきましたが、その中で自治体や非営利団体の分野の監査をするようになり、大阪府へ4年ほど出向していた時期がありました。そこでNPO法人やボランティア団体の活動や実態を知ることになって、社会的にこういった方々の活動を会計士の立場からバックアップしたいという思いが出てきました。出向の期間が終わって監査法人に戻るかどうかという時に、個人で開業してやっていくことに決めたのです。

NPOやボランティア団体のどんなことに問題意識を感じられましたか?

社会的に様々な問題意識を感じて活動している方々、団体が資金の面で活動が止まったり、終わってしまうことはよくあることです。地域にそれぞれいろいろな課題がある中で、プロジェクトが終わってしまうと活動そのものが解散になったり、資金繰りの面で活動できなくなってしまう組織も珍しくないということがあります。

これは社会的にみても大きな損失だと思っていますし、専門家の立場でできる限りこういう団体や活動を支え、手伝えることをやっていこうという気持ちが強くなりました。

場合によっては金さんがボランティアのようなかたちになるケースも出てくるのですか?

私も生活していかなければなりませんから、そこは難しいところだと思うのですが、NPOにもさまざまな組織があって、ビジネス的な手法で事業展開しているところもあります。継続的に事業を展開するためには、そういったところでまずは協力していく中で、社会的な意識を変えていきたいと考えています。

事務所を開業されてみていかがですか?

まだまだ自分の事務所のことが認知されていないと感じているので、どんどん情報発信していかなければいけないなと感じています。もっと知ってもらうための仕掛けをしていかなければいけないと感じています。ですから、現場に近いところに出かけていって、つながりを作っていくことがまずは大事かなと考えています。待っていても来ないので、いろんな仕掛けをしていかないと、そう簡単に自分が考えていることができないと思っていますから。

開業前に準備していたことはありますか?

マーケティングや法制度など、いろいろな研修会や異業種の交流会なんかに良く足を運んで、情報を仕入れるようにしていました。

実際に開業されてみて、どんなことを感じていますか?

この記事には続きがあります

続きを読む場合は、ログインしてください。会員でない方は会員登録へお進みください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。