2016/06/10

税理士開業アドバイス

税理士開業アドバイス

 今回のお話は、税理士としてあなたが開業をする際のアドバイスです。言うまでもなく、独立をした場合には自分で営業をする必要があります。この方法の代表的なものとして、紹介営業や交流会の活用といった方法は有名でしょう。しかし、当然これらの他にもお客さんを獲得する方法は色々とあります。

今回は集客に関して、大枠での分類とその具体的な方法をご紹介しましょう。


まず税理士が開業した後に行う集客方法には、大きく分けて三つあると覚えておいてください。これは、以下の三つとなります。

1.リアルでの営業
2.インターネットでの集客
3.有料広告

1.リアルでの営業


 これは、上で挙げた紹介営業や交流会の活用のことです。この方法には他にも、飛び込み営業や電話による営業も挙げることができます。ただし、これらの方法はあまりお勧めしません。理由は、成功率が著しく低く、また仮に獲得できたとしてもすぐに契約解除をされてしまう可能性が高いからです。

 具体的な例として、企業への飛び込み営業を挙げてみましょう。もしあなたが会社の社長だとして、飛び込みで税理士が自分から「仕事を任せてほしい」とやってきたら、税務という大事な分野における会社の参謀的ポジションである税理士をその人に頼みたいと思いますか?おそらく多くの人は、その実力に不安を感じて断ってしまうと思います。これは、一般的な感性です。つまり、飛び込みや電話による営業では、実力に対する信用という面で最初から大きなハンデを背負ってしまうためあまりお勧めできないのです。

この記事には続きがあります

続きを読む場合は、ログインしてください。会員でない方は会員登録へお進みください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。