2016/06/08

税理士として独立するために必要なこと

税理士として独立するために必要なこと

 会社に雇われて働いたことはあるけれど、独立起業をして仕事をしているという人はあまり多くありません。この理由としては、収入が保証されていないというリスクがあるのもありますし、何より独立してから一体何をどうすればいいのか分からないからということに対する不安がもっとも大きいでしょう。

これは、税理士の独立に関しても同様です。資格を取り、実際に企業へと就職し税務を行った経験はあるけど、いざ独立となるとお勤めと一体何が違うのか、具体的には何をすればいいのかが分からないという不安を持つ人は多いです。

今回は、税理士として独立する際に必要な知識をご紹介しましょう。


 まず一番はじめに覚えておいてほしいことは、雇用されている税理士と独立している税理士の業務における一番の違いです。これは、何といっても「営業」の必要性を挙げることができます。

 例えば、コックさんをイメージしてみてください。コックさんの仕事は、料理を作ることです。そしてお店にコックさんとして雇われている間は、美味しい料理を作ってさえいれば基本的にはOKでした。

しかしいざ独立してお店をかまえた場合、残念ながらそれだけではいけませんね。お店にお客さんが来てくれるように、ホームページを作ったり、お金を払って広告を出したりと「集客」までしなければいけなくなります。これと同様のことが、税理士の独立に関しても起こるのです。

この記事には続きがあります

続きを読む場合は、ログインしてください。会員でない方は会員登録へお進みください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。