2017/08/28

士業の集客戦略~全体と部分の考え方~

士業の集客戦略~全体と部分の考え方~


今回は、士業のための戦略に関してお話していきたいと思います。
私が好きな著者に楠木健先生がいます。楠木先生は「ストーリーからの競争戦略」で一躍経営学界のスターダムに。私はこの著書は好きではないのですが、最近発売になっている他の著書を何度も読み返しています。特に「戦略読書日記」(プレジデント社)は、本当に面白いのでぜひ読んでいただきたい著書です。私は本のみならず、(重いので)電子書籍も持っています。
 この本には「戦略のジレンマ」という言葉が出てきます。少し引用してみましょう。

「僕が競争戦略論について昔から強いフラストレーションを感じることがあった。それは、競争戦略の本質にかかわる問題だ。あっさり言ってしまえば、競争戦略とは「他社と違ったよいことをしろ」に尽きる。他社と同じでは完全競争に近づいてしまい、遅かれ早かれ儲からなくなる。だから違いをつくる。昔も今もこれからも、これが戦略の基本論理である。ここまでは納得できる。
それと同時に、その「違ったこと」は成果を出すうえで「よいこと」「儲かること」でなくてはならない。これも当たり前のように納得がいく。
ところが2つを合わせるとどうも納得がいかない。「他社と違ったよいことをしろ」と言った瞬間にジレンマに突き当たる。もしそんなに「よい」ことだったらとっくに誰かが気づいてやっているはず。みんな何とかして儲けようと真剣に商売をしているのである。「よいこと」ほど「違い」になりにくい。よしんばまだ誰も思いついていないこと、やっていないことであっても、その「よい」ことをしてぼろ儲けしていれば、他社も同じことをやろうとするはずだ。遅かれ早かれ違いが違いでなくなってしまう。」

 この意見はもちろん単純化した見解でしょう。実際に顧客が士業を選ぶ際には、すべての士業を見比べるわけではないですし、遠い人より近い人を選ぶのは、医者を選ぶときと同じなのでしょう。しかし、この「戦略のジレンマ」というのは、士業にとっても行き着くところは同じと考えていいはずです。
 では、士業が集客をするのに何が必要なのか。私が毎月2名の方に取材し、また取材ではなくても多数の士業の方にお会いさせていただくたびに感じるのは、「センス」なんじゃないかと。
 「センス」なんてことを口にしてしまうと、センスがない人は救えないし、センスがある人は何をやっても勝てるのだという、ある種のあきらめを感じるかもしれません。
 再度、同著から違う文章を引用してみます。


おすすめの関連記事

この記事には続きがあります

続きを読む場合は、ログインしてください。会員でない方は会員登録へお進みください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。