2013/06/03

川上と川下

川上と川下

ビジネスを考えるうえで常に意識すべきなのが、「川上と川下」です

 例えば、車を作る「メーカー」はもっとも川上におり、少し川下には部品などを供給する「サプライヤー」がいて、もっとも川下には車を売る「ディーラー」があるというわけです。
 どんなビジネスにも川上と川下があるわけですが、川上にいる方が絶対的に有利というわけではなく、自社が属するビジネス業態や、自社が目指すマーケットによって違いがあります。

 弊社は常に「川上」を目指してビジネスを進めています。その最たるものは「自社媒体」です。
 弊社の最大の資産は「メルマガ」なのですが、なぜメルマガに狙いを定めたのか、まず説明しておきましょう。
 メルマガで広告するメリットはいくつかあります。

  • その他の媒体の違い(ほぼ)無料で配信できる
  • 記事の文字量などに制限がない
  • URLを載せるとそのままクリックでWEBページに移行できる


などのメリットがありますが、実は弊社もメルマガ「だけ」を考えていたわけではありません。当初の目的は「自社媒体を持つこと」であって、メルマガに限りませんでした。
 メルマガのみならず、自社媒体になるものはほとんどやったといっても過言ではないでしょう。リスティング・ブログ・ポッドキャスト・出版 etc・・・費用対効果を考えず、初期費用がたいしてかからず手軽に始められる広告はほとんどやったといっても過言ではありません。
 その中で、もっとも費用対効果が高いものを残していったら、結果としてメルマガだったということです。

 ではなぜ「自社媒体」にこだわったのでしょうか?

おすすめの関連記事


商売の半分はコミュニケーションで決まる!?

この記事には続きがあります

続きを読む場合は、ログインしてください。会員でない方は会員登録へお進みください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。