2016/03/29

偏差値30台の僕が税理士に!!「税理士のお仕事と正体について!」

偏差値30台の僕が税理士に!!「税理士のお仕事と正体について!」

特集の内容

学生時代の偏差値は30台!税理士のお仕事について、大野晃が専門用語を使わず分かりやすくご説明します!少しでも多くの方に、税理士のお仕事について知ってもらいたいと思います。

【第1回】税理士ってどんな人?

税理士のイメージは世間的にはどのように見られているのでしょう?「税金を計算する人」「確定申告する人」「頭が固そう」など色々な印象を持たれているのではないかと思います。私自身も一言で税理士ってどんな人と言う事に対して返答してくれと言われても返答に凄く迷います。

この記事を読む

【第2回】どんな人が税理士に向いている?

昔と現代 、選ばれる理由は変わっています!私が考える現在の税理士について、向いている人物像についてご紹介します!何を根拠に?!と言うお話しですが、税理士向けの経営力向上コンサルティングを一般社団法人中小企業税務経営研究協会の理事を務めている経験、保険サービスシステム株式会社と言う所で税理士向けインタビューしてきた経験、私が参加してきた色々な税理士の会合の経験から会計事務所運営も成功していて、かつ楽しんで活き活きと仕事に取り組んでいる方々に共通していると思われる点についてお話ししたいと思います。

この記事を読む

【第3回】税理士試験!全11科目どのような順番で受験する?! 

税理士試験を知る 5科目で合格ということは、科目選択もポイント! 税理士試験の試験科目は? 税理士試験にはどのような受験科目があるのかまとめてみたいと思います。

この記事を読む

【第4回】税理士試験は頭の良さは関係ない!では何が必要か?!

私自身の合格科目をまとめると「簿記論」「財務諸表論」「消費税法」「所得税法」「相続税法」です。ちなみに私は科目受験にも関わらず、官報合格していなく、4科目持っていた最後の年は「相続税法」「国税徴収法」の2科目受験しました。厳密に言えば「国税徴収法」は勉強もしていないですし、会場にもいっていないです。

この記事を読む

【第5回】税理士業界の過去と現状(昔の税理士編)

税理士の働き方が昔と今では大幅に異なっています。税理士について漠然としたイメージしかないと、税理士業界の昔を見ているかもしれないので、ここで私がイメージする昔と今をまとめてみたいと思います。今回は「昔の税理士編」です。

この記事を読む

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。