2016/03/10

【第1回】もしもトップセールスマンが士業の営業をしたら

【第1回】もしもトップセールスマンが士業の営業をしたら

私の名前は杉山彰泰(すぎやま あきひろ)。1973年、富山県に生まれ。 青山学院大学を卒業し、某大手消費者金融に入社しました。 最初は店舗配属となり、不良債権率の高い新宿店に。しかも担当となったのは、回収不能な人の多い「新大久保エリア」でした。   債務者はジリ貧で、外国人が多く債権回収に大変苦労しましたが、 ・お金を作る方法を教える ・外国人には紙芝居で説明する ・債務者の味方になる   という独自に編み出した方法で、店舗の不良債権率をゼロにしました。   しかし、4年付き合い結婚を誓い合った彼女の父親から「サラ金に勤めている男に娘はやれない」と言われ破談。その彼女が「保険会社に勤めている新しい彼はあなたに全て勝っている」と自慢されたため、悔しくてたまらず、自分の方が優秀であることを証明するべく消費者金融を辞め損害保険会社に転職しました。   損害保険会社の代理店営業に転職した時は何をしたら良いのか分からず、トップセールスを尾行して営業テクニックを盗み、毎日飛び込み営業を繰り返し、営業のテクニックと優良顧客を見抜く観察眼を磨きました。   その中で、現在も行っている事業の一つである「会社の経費を削減」した分で保険に入ってもらう手法で次々に契約を獲得しました。

この記事には続きがあります

続きを読む場合は、ログインしてください。会員でない方は会員登録へお進みください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。