2016/03/09

無資格の補助者から、行政書士法人の代表になった男が教える組織で働く良さとは~第2回目~組織で働く者の心構え

無資格の補助者から、行政書士法人の代表になった男が教える組織で働く良さとは~第2回目~組織で働く者の心構え

組織で働く者の心構え

前回の記事をお読みいただいて、「組織で行政書士として働いてみたい!」と思われた方もいらっしゃるかと思います(そう思ってくださる方がいることを願うばかりです。。。)。 ここでは、私の経験を踏まえ、組織で働く者の心構えについてお話ししたいと思います。  

①組織の中で自分が活躍できる場がないかを常に考える

組織の中では、個は埋もれてしまいがちです。せっかく勉強して資格を取得して行政書士になったのに、いまいち活躍出来ずに組織を辞めてしまうという方もいます。そんな組織の中で、自分が活躍できる場、輝ける場を見つけることができれば、組織の中での自分の存在価値が高まり、自分自身の成長にも繋げることができます。   私が名南行政書士事務所(現:行政書士法人名南経営)に入った当時、代表の行政書士は税理士と兼業で、専業で働く行政書士は存在していませんでした。当時、行政書士の資格を持っていなかった私が考えたことは、「とにかく早く資格を取得して、専業行政書士になる」ということでした。その考えは正解だったようで、唯一の専業行政書士として、組織内で重宝されるようになりました。


この記事には続きがあります

続きを読む場合は、ログインしてください。会員でない方は会員登録へお進みください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。