2016/03/09

無資格の補助者から、行政書士法人の代表になった男が教える組織で働く良さとは~第1回目~1人事務所と組織の違い

無資格の補助者から、行政書士法人の代表になった男が教える組織で働く良さとは~第1回目~1人事務所と組織の違い

圧倒的に1人事務所が多い行政書士業界。行政書士になりたいという方が選ぶ道は、次の二つに大別されると思います。 ・即独立開業 ・どこかの行政書士事務所で修行したのちに独立開業   私自身がそうなのですが、もう一つ道があると考えています。それが組織で行政書士として永続的に働く」というものです。永続的に働くというと、終身雇用制度のような古い考え方のように思われるかもしれませんが、そうではなく、高い意識を持ちながら組織で働き、組織の成長と共に自分自身も成長させていくという働き方だと考えています。   これから、私の経験と考え方を交えながら「組織で行政書士として永続的に働く」ことの良さをお伝えしたいと思います。  

1人事務所と組織の違い

ここでいう1人事務所とは、独立開業して行政書士1人で切り盛りしている事務所(行政書士1人でパート・アルバイトを抱える事務所も含む)のこと、組織とは、行政書士法人もしくは、正社員2人以上からなる行政書士事務所と定義させていただきます。  

1人事務所(独立開業)の良さ

①自由 自分1人しかいませんので、なんと言っても自由です。誰かの指示を受けることなく、やりたいことをやりたいようにやれます。お金も時間も自由に使えますし、意思決定も早く、お客様の要求に迅速に対応することができます。   ②働いた分だけ返ってくる 仕事をすればするほど、自分の知識・ノウハウになりますし、やった分だけ比例して収入が増えます。

この記事には続きがあります

続きを読む場合は、ログインしてください。会員でない方は会員登録へお進みください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。