2016/02/22

国民年金基金と個人型確定拠出年金はどちらがお得?

国民年金基金と個人型確定拠出年金はどちらがお得?

士業の方が今すべき資産運用について、前頁では個人型確定拠出年金と国民年金の比較をしました。さて、ここからは個人型確定拠出年金と国民年金の比較をしてみましょう。国民年金基金と個人型確定拠出年金はどちらも月額6万8,000円の掛け金はすべて所得控除されますから税金はまったくかかりません。つまり、比較のポイントは、掛け金のメリット以外のところになります。 大きな違いは、「運用利回りにあります。まず国民年金基金から見ていきましょう。国民年金基金の予定利率は、2016年2月現在1.5%となっており、この数字は預金金利に比べると魅力的ですが、この金利は加入する時点の予定利率であり、今後経済成長して金利が上昇したしても、ずっとこの水準が続くということです。そして、国民年金基金の大事なポイントは、保険料の払込金額合計と生涯に受け取れる金額の比較です。いうまでもなく、長生きすればするほど受取額のトータルは大きくなり、お得になります。 国民年金基金のホームページでシミュレーションをしてみましたが、仮に30歳で加入した場合、1口目の掛け金は月額9,320円、60歳までの30年間にわたる掛け金額トータルは

この記事には続きがあります

続きを読む場合は、ログインしてください。会員でない方は会員登録へお進みください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。