2016/02/16

「個人型確定拠出年金」のメリット

「個人型確定拠出年金」のメリット

士業の方が今すべき資産運用について、前頁では年金作りに最適な「個人型確定拠出型年金」と「小規模企業共済」の活用方法について説明をしました。この項では、個人型確定拠出型年金のメリットについて、ズバリお伝え致します!

メリットその1:金融商品のコストが低い

確定拠出年金はほかに比べて、金融商品のコストが安いというメリットがあります。このうち投資信託を例にすると、投資信託は通常三つのコストがかかります。 一つめは購入手数料。確定拠出年金ではほとんどの商品がこのコストがかかりません。二つめは信託報酬。投資信託を保有している間、継続的にずっとかかってくるコストになりますが、確定拠出年金では信託報酬が安く設定されています。三つめは信託財産留保額。これは投資信託を解約する時にかかる手数料ですが、このコストもかからない商品が多いのです。

メリットその2:圧倒的な節税効果

確定拠出年金の最大のメリットは節税効果ですが、三つの節税ポイントがあります。 一つめは、前述のとおり、毎月の掛け金が全額所得控除になります。例えば、課税所得400万円の人が、毎月の掛け金が2万3千円とした場合、掛け金の合計は年間27万円になります。

おすすめの関連記事

この記事には続きがあります

続きを読む場合は、ログインしてください。会員でない方は会員登録へお進みください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。