2016/01/25

弁護士のweb集客方法とは?

弁護士のweb集客方法とは?

  現在の弁護士の世界では、自ら積極的な営業活動を行うことが求められるようになってきています。かつてであれば、弁護士自身のコネでなんとか事務所を運営できることもあったかもしれませんが、近年では弁護士への需要の低下もあって、自らマーケティングに乗り出すことの必要性が大きくなってきました。     そこで、今回の記事ではマーケティングの中でも特に多くの人々に訴求することのできるwebを活用した集客方法について紹介していきます。  

自分の優位性をアピールする

どのような弁護士が人々から信頼されるかご存知でしょうか。 それは、自分の専門の分野で誰にも負けない自信と実績を持っている弁護士です。例えば宣伝文句ひとつにしても、「なんでもできます」と言っている弁護士よりも「○○の分野では日本一です」というアピールを行っている人の方が信頼される傾向にあります。     弁護士事務所のホームページに人々がアクセスしてくる状況を想定すると、何か弁護士に相談したいような問題を抱えていて、それを解決してくれる人を探しているということが多いと思います。そうした状況で、多くの弁護士の中から選ばれるためには、「この人に頼めば安心できる」という気持ちを引き出すことではないでしょうか。     このような安心感を与えることができる宣伝をできるかどうかが、web集客では重要になります。そのため、ホームページで自分の強みを上手くアピールすることを最初に考えていきましょう。  

潜在需要を顕在化する

次に、潜在需要を掘り起こす方法を紹介していきます。 人々の中には、「こんなこと弁護士に相談していいのだろうか?」という不安を持っている人が多くいます。そのような状況にいる人に訴求することができれば、事務所の顧客を拡大することができます。     現在では一般の人々が法律の知識を身につけるようになってきているとはいえ、弁護士が持つ専門家としての法律の知識は特別なものです。   しかし、弁護士に相談するのになんとなく緊張したり不安に感じたりして、相談を躊躇してしまうことがあります。相談の敷居を下げてあげられるような宣伝の仕方を考えることで、より身近な存在として頼られる弁護士になれます。   この際には、webでの集客と地域の住民向けの紙媒体での宣伝を組み合わせることで、より効果を高めることができます。最終的には地域の人々の生活に根付いた弁護士となることができれば、集客が成功していると言えるでしょう。  

Webの活用

  Webを活用して顧客層にアプローチする手段としてはダイレクトメールなどのメール広告もあります。顧客になったユーザーから所得したメールアドレスに再度問題が発生したときに頼りにしてもらえるようなメールを送ることで、顧客との関係を切らさずに長期的な信頼関係を築くことができます。     また、弁護士事務所の宣伝を目的としてweb広告を拡大させていくことも将来的には考えられます。近年では「ビックデータ」分析が流行しましたが、これを活用することができればより消費者のニーズに合わせた解析が可能になるでしょう。   個人情報の取り扱いの問題はありますが、消費者が望めば、検索履歴やそれまでの移動、支払活動を解析することによって適切な広告を表示させることができます。   このような広告は本格的に普及してくるようになると、より消費者のニーズを、消費者が自分で意識していないところまで、企業が知ることができるようになります。このように、将来的には潜在的な需要を取り込む方法としてネット広告の重要性が増してくるかもしれません。

おすすめの関連記事


購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。