2016/01/11

社労士の集客方法について

社労士の集客方法について

社会保険労務士の集客方法


社会保険労務士という職業をご存知でしょうか。あまり聞き慣れない人も多いと思います。その名前の通り、法律に乗っ取って保険関係の事務などを行う仕事です。
 
法の知識を必要としますが、法学部が有利かと言われるとそういうわけでもありません。そんな社会保険労務士は、一体どうやって集客を行っているのでしょうか。
 

お客様とのコミュニケーション


まず、主な集客方法として「トーク力でお客様を引き込む」というものがあります。直接お客様と会話をすることになるのでお客様に自分のことを伝えるチャンスとなります。
 
社会保険労務士はお客様を不安にさせないよう、自ら会話を作り出さなければなりません。常にお客様に話を振り、自分は極力聞き役に徹して、ここぞという時にさっとお客様に気を遣うことを必要とします。自分の都合、すなわち利益だけを考え、自分の言いたいことだけを伝えればいいというわけではありません。
 
 
適度にお客様とコミュニケーションをとり、お客様に常に寄り添い、お客様の立場になって悩みを解決に
導けるようにサポートしていくことが後にお客様からの信頼に変わり、結果的に集客へと繋がるのです。
 

宣伝の幅を広げる


別の集客方法として「広告やインターネットなどで宣伝」というものもあります。この集客方法は直接お客様に関わることは困難を極めますが、お客様の心を捉えられるような内容を書くことができれば手間や時間がそれほどかかりません。また、チラシなどを作って配ったり、ブログやSNSなどで記事を書くなど、そのやり方は様々です。
 
紙として手元に残るもので集客するのであれば、配る時にチラシに書ききれなかった内容を説明することができ、より具体的かつ分かりやすくなります。また、インターネットを通じて伝える場合、現在のネットワークの特徴である「拡散力の強さ」を利用することで、より多くの方に宣伝することができます。いずれにせよ、社会保険労務士の良さを視覚的にアピールできるのです。
 

コツコツ自分磨き


この集客方法はオーソドックスなものではありませんが、「自ら多くの場所に赴いて学び、周りの人との親交を深める」というものもあります。
 
焦点をお客様に合わせるのではなく自分自身に合わせることで、今まで気づかなかったことや疎かになっていたことなどが明確になり、社会保険労務士としてこれからも生きていく中でヒントとなることが見えてきます。
 
更に、経営や法に関係することを職業にしている人たちと関わることで、新たな発見ができるだけでなくお客様を紹介してもらえる可能性もあります。
 
かなり地道な方法ではありますが、コツコツ自分磨きをすることは大切です。この方法により、長期間に渡ってお客様が安心感を抱いてくださいます。
 

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。