2016/01/21

社会保険労務士事務所の開業、費用について

社会保険労務士事務所の開業、費用について

社会保険労務士について

社会保険労務士とは、労働関係法令や社会保障法令に従って書類の作成やその代行を行うこと、あるいは企業における労務管理や社会保険に関する相談を受けたり指導を行ったりすることを業務とする有資格者のことを言います。  

どうすればなれるのか

社会保険労務士は国家資格です。この資格を得るには資格試験に合格する必要があります。試験を受験する場合には受験資格が必要です。受験資格は学歴、実務経験、厚生労働大臣の認めた国家試験合格の3つに分けられます。     条件に該当し受験資格証明が提出できる場合に受験が可能となります。試験に合格した場合には開業する形態と企業に勤務する形態、その他主婦であったりする場合にはフリーランスという形態もあります。また共同して法人を設立することもできます。   開業する場合には企業に勤めている場合には3ヵ月ぐらい前から上司に相談するほうが無難です。社会保険労務士会への入会手続きや税務署への開設届も必要になります。そして開業するにも30万円ほどの費用が必要で、事務所経費や活動費として200万ぐらいは用意しておく必要があります。  

準備することとは?

開業するに当たっては色々とわからないことも多いものです。といって分野の違う人に聞いても有用な情報は得られません。こういうときにはそれに特化した教育機関が開業セミナーを行っている場合もあるものです。     これに出席してセミナーを受けることが有用です。例えば助成金とか就業規則などは実際経験したことのないもので、これらの大切な内容が得られます。   その他にも顧客の開拓とか有用なツールとかがわかり、しかも講師となっているのは実際の実務者であるので話を聞くことができ、社会保険労務士を開業して最初から仕事があるとは限らず、その間にどういうことをやるべきか、どういう勉強をして行けばよいのかなど、運が良ければ色々な質問をぶつけることも可能となります。  

その他の注意事項とは

社会保険労務士の事務所を開業する場合にはその他にも注意することがあります。事務所名は勝手に思いつくものにすることは問題でもあり、 名前の後には資格がわかるようにちゃんと社会保険労務士事務所とするほうが無難です。     中には簡略化された事務所名や英語読みの名前を付けたりする場合もあるようですが、内容が一般人に内容が掴み切れないというデメリットがあります。実務経験が多少ある場合でもその内容に不安がある場合には指定講習を受けるのも1つの方法です。この内容は書籍を購入して身につけることもできますが、書式も色々な様式があり記入の練習も必要となります。     講座を受講するとこの点がわかりやすいとも言えます。あとホームページを作って集客を行うという方法も現在では有効な方法とされますのでこれもポイントになります。

おすすめの関連記事

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。