2016/01/27

【第5回】7日間でウェブマーケティングの達人になる方法

【第5回】7日間でウェブマーケティングの達人になる方法

誰を意識して文章をかいていますか?


サービスづくりのところでお話したこと覚えていますか??サービスの良し悪しは何で決まりましたか?そうです、お客様からみてそのお客様がどのように思うかでした。
もう察しのよい方ならお分かりかもしれませんが、サイトの中で一番の面積を占める、強力な差別化となる文章。これにもやはり良し悪しがあります。この良し悪しは、どういった基準で決まると思いますか?
そうです!同じなんです!サービスづくりと。あなた自身が定めたターゲットにとって、その文章がよいか悪いかということなんです。
 
 

士業のウェブ集客を実現する文章について


簡単ですが、大きくは下記のポイントに気をつけることが大切になります。
・ターゲット目線でのわかりやすさ、みやすさ
・文字の大小、色、デザインの問題
・文章のわかりやすさ、響きやすさ
・サイトの論理構成、コンテンツ構成
1つずつ確認していくことにしましょう!
 
 
大切な視点は、ただ単に自分的にみやすい、わかりやすいということではありません。あくまでも、お客様、あなたが設定しましたターゲットからみた場合に、サイトがわかりやすいか否かが重要になります。例えば、20代の人と、60代の人では、サイトの文書の良さもあらゆることで変わりますよね?
 
女性に向けたサイトと、男性に向けたサイトでもやはりいろいろなものが変わってきますよね?ここでも大切な視点ですが、もちろん全てのターゲットを満足させることは難しいことです。そのため、徹底すべきことは、1人のターゲット像に絞った人に対して、文章やサイトのデザインを決めるということです。
 
二兎追うものは一兎も得ません。まずは、確実に自分が定めたお客様を意識して、サイトのわかりやすさ、みやすさを考えましょう!ここで1つ参考になるかなと思いまして、携帯電話の話をします!かつて、docomoが展開しましたラクラクフォンという携帯電話を覚えていますか?ターゲットを決定的に限定しました。
 
その結果、携帯電話のデザイン、仕様などすべてがその他の携帯電話は全く違うものになりました!サイトの文章づくりというのも、このようなラクラクフォンに近いイメージになります。ラクラクフォンを、当たり前ですが、高校生が買うことはありませんよね?これでいいんです。全てをお客様目線でつくるということです。
 

文字の大小、色、デザインの問題


これは、1のターゲット目線でのわかりやすさ、みやすさということを具体的なケースにわけたらどうなるのかということです。若い人とシニアの人のどちらを対象にするのかということで、文字の大きさは変わりますよね?もちろん、どの年代でも文字が小さいより大きい方がいいですが親切なサイトだなと思われるためには、シニアの人には通常よりも文字を大きくしたり、文体を読みやすい文体にするなどの当たり前の配慮が必要になります。

この記事には続きがあります

続きを読む場合は、ログインしてください。会員でない方は会員登録へお進みください。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。