2015/12/16

行政書士 受験資格がわかりやすい まとめ

行政書士 受験資格がわかりやすい まとめ

行政書士試験とは


行政書士試験は総務大臣が定めるところにより行う国家試験で、行政書士になることのできる資格(行政書士の資格)を得ようとする人のために行うものです。
試験は、年に1回、各都道府県で一斉に行われます。
受験する場所は自分の住んでいるところでなければならないという規定はなく、全国どこでも好きなところで受験できます。
 

受験資格


行政書士試験は、年齢、学歴、国籍等に関係なく、どなたでも受験できます。
 

試験日


行政書士試験は、例年、11月の第2日曜日に各都道府県で午後1時から4時の3時間で行われます。
 

試験科目


次の事項について筆記試験により行います。
①行政書士の業務に関し必要な法令等(46題)
・憲法
・行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする)
・民法
・商法、会社法
・基礎法学
※法令は、試験を実施する年の4月1日現在に施行されている法令について出題されます。
②行政書士の業務に関連する一般知識等(14題)
・政治、経済、社会
・情報通信、個人情報保護
・文章理解
 

出題形式


①法令は択一式(5肢択一式・多肢選択式)と記述式
②一般知識は5肢択一式
※記述式は、40字程度で記述するものが出題されます。
 

受験の申し込み


例年、行政書士試験の実施についての案内は、7月上旬~中旬に発表され、「行政書士試験案内」(あるいは「行政書士試験要項」)は8月上旬から入手することができます。
受付期間は、例年8月上旬から9月上旬までです。
 

受験料


受験手数料(7,000円)が必要です。
これは、受験願書と一緒に配布される所定の払込用紙により郵便局で払い込みます。

合格発表


合格発表は、試験のあった年の翌年の1月下旬頃に行われます。合否の通知書(合否判定基準も記載)は受験者全員に郵送で通知されます。
<受験願書の提出先・問い合わせ先>
一般財団法人 行政書士試験研究センター
所在地 〒102-0082 東京都千代田区一番町25番地 全国町村議員会館3階
電話番号(試験専用)03-3263-7700
ホームページ http://gyosei-shiken.or.jp/

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。