2015/12/14

今マーケティング手法を一つだけ選ぶとしたら絶対これ!!【お客様ストーリー】

今マーケティング手法を一つだけ選ぶとしたら絶対これ!!【お客様ストーリー】

マーケティングの仕事


私が始めてマーケティングの仕事を任されたのは19歳のときでした。
 
当時の私は経営学を勉強する一介の大学生。
 
「Panasonicの戦略は○○だ」「アップルとマイクロソフトの違いは○○だ」と大企業の経営戦略を本で読んでわくわくする傍ら、実際に仕事に使える知識は0。
 
そんな私の初めての仕事は、建築会社のチラシ作りでした。 お客様の期待に応えるために、実戦経験0の私が唯一持って行った武器。 19歳の頃から月日は流れ、知識や技術も増えましたが、今でも大切なベースとして使っている武器です。
 
それは「お客様ストーリー」 まさに「スケダチ」というサイト名に相応しい記事をこれから4回に分けて執筆していきます。
 
やっぱり思い入れのある内容なので、なかなかコンパクトにもならず笑。ちょっと長いですが、詳しく書きます。「お客様ストーリー」を使いこなせるようになれば、チラシやHPの改善からお客様が自然に集まる仕組みづくり、ブランド作りまで、一貫して出来るようになります。
 
全4回ぜひお付き合い下さい。
 

お客様ストーリー


 
基本的に私が今までどんな仕事をしてきたかというと、「お客様が自然と集まってきてくれる状態を作る」という仕事をしてきました。
 
やはり集客というのを必死にやり続けると、ずーっとしんどいです。
 
私も集客というのはあまり好きじゃなくて。正直あまりやりたくないので、
集客をしなくても自然とお客様が集まる状況を作ってしまいたいんです。
 
その状況を作ってから、また少しづつ改善をして、更にお客様が集まるような状況を作ろう。そういうサポートをやってきました。
 
まずは、 その際にどのような考え方でやっているのかというのを簡単に説明させて頂きたいなと思います。
 
一般的なビジネスにおいては、何か「痛み」か「快楽」があるときにお金が動きます。
なにか悩んでいることがあるとか、もっと良い生活したいとか、皆何かしらの思いを抱えています。
 
その思いに対して、
「この人にお金を払って依頼したら解決できるんだ」
「この人と関わることでより良い未来になるんだ」
 
と感じてもらえた時、お金が動くのです。
 
例えば「腰が痛い」場合だと、「このカイロプラクティックに行ったら腰痛が治るんだ」とお客様が感じたら、その治療院に行ってお金を払って治してもらう。
 
例えば「この税理士さんにお願いをすれば、資金面は心配しなくて良くなるんだ」とかの場合もそうです。
 
「今は会社のお金のことがよく分かっていない。でも、この税理士さんに頼めば今どこがダメなのか全部分かって、本業に集中させてもらえるんだ。そうなれば俺、売り上げは絶対に上げられるぞ。」
「この税理士さんに頼めば、資金面は忘れさせてくれて、自分の一番得意なところに集中させてくれるんだ」
 
このようなことを感じた時に初めて「行こう」ってなるんです。DIverse People Holding Text Story
 
そんな風に感じてもらえるように私が一番使う方法こそ、「お客様ストーリー」なのです。
 
理想的な形は、例えば、お客様が自分の親族や同僚に、飲みながら「お前なんか最近調子良さそうやん」と言われて、実はさーって。「最初はこう悩んでいて、そのあとに、◯◯さんに頼んで、それからさ。。。」みたいな。 もし、そういう話を直捨つ誰かから聞いたら、聞いた人は「ちょっと俺も相談してみようかな」ってなると思うんです。
 
そんな親しい人の体験談を生で聞いているようなストーリーが理想的なストーリーです。
 
ですが、私が色々な方とお話をしていると、そもそも
「あなたの仕事は誰に何を提供しているんですか?」
という風に聞いた時に、他の人と何も代わらないような答えしか出てこないことが多いです。
 
「会計業務をやっています」「節税対策をやっています」「事業承継をやっています」「資金調達もやっています。」 これらの仕事は全ての税理士さんが行っていることなので、「なぜあなたを選ばなければいけないのか」がわからないんです。 そういった状態では、私がお客様だとしたら、「あなたに頼む理由」を見つけられないです。
 
一方、「俺は資金調達の専門家だ」とか「うちの事務所は本業に集中させることができる!だから売上をあげて本業に集中したい方はうちに来てくれ!」とか、何か「選ぶ理由」があった上で具体的なストーリーを綺麗に見せることが出来たとしましょう。
 
そしたらお客様は自分で
「この人に頼んだら悩みが解決しそう」「この人と一緒なら事業が大きくなりそう」
 
と感じ、あなたのことを選んでくれるようになります。 さあ、それでは 私たちがどうやって、そのような状況を作っているのか。次回の記事で、より具体的な内容についてお伝えします。特に、今あなたに「合わない」お客様が沢山いるという方は必見です。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。