2015/11/26

士業のための「コーチングメソッド」その2

士業のための「コーチングメソッド」その2

【クライアントの本音が聴けていますか?】


クライアントとの面談はお好きですか?
上手く会話はできていますか?
逆の視点に立てば、あなたのクライアントは あなたの面談に満足だと思いますか?
どのようなサービスを望んでいると思いますか?
ここまでの質問で、改めて、そうか!と 思われたかもしれませんね。
あなたの視点もさることながら、 クライアントの視点が大事です。

【クライアントの視点に立つ】


これが本当に難しい。
なぜなら、クライアントは他人ですから。
では、どのようにクライアントの視点に 立つかといいますと、
クライアントの話を丁寧に聴く時間を取るということです。
その丁寧に話を聞くためにはどうしたらいいのか? という方法を、今日はお伝えします。
「傾聴のスキル」とか、「人の話の聴き方」と表現されることもあります。
あなたは、クライアントを話をする時に、自分は何パーセント 話をしていると思いますか?
50%でしょうか?  もしかすると、80%かもしれませんね。
今日から、クライアントが話す時間を90%、 あなたが話す時間を10%にしてみませんか?
新しい情報が沢山入ってきて、 かえって、適切なサポートができるかもしれません。
***********************

【今日のおすすめのスキル】


クライアントが話す時間を90%、 あなたが話す時間を10%にしてみる。
***********************
 

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。