2015/12/28

行政書士の魅力8選

行政書士の魅力8選

行政書士の魅力


行政書士の魅力について大きな声で、包み隠さず、真実を語ろうと思います。

国家資格であること


行政書士が国家資格であることは皆さんもご存知でしょう。
国家資格のありがたみは、実際に、自分で行政書士事務所をオープンしたらわかります。
国家資格というのは、守られた存在であり、その守られた中での勝負になります。
 
多くの産業と比較すると、競争は厳しくないです。(もちろん厳しいのだが!)
 

幅が広いこと


行政書士の代名詞の1つとして、その業務範囲の広さがいわれます。
確かに、実際に行政書士は、数千以上の業務があると言われています。
 
もちろん、実際のメインとなってくれる業務は、ニーズのある業務の一部に限定されますが・・・
 
この幅の広さゆえに、チャンスはたくさんあります。
 
自分のアイデア次第では、大きなチャンスが待っています。
 

ビジネスよりの資格であること


行政書士は、行政書士を目指して、フリーターをしながら目指す人が弁護士などにくらべて
少ないので、多くの人がどこかの会社での勤務経験を持っています。
 
どこかの会社での勤務経験を、持っていることは、
行政書士としての強みになります。
 
ビジネス感覚をしっかりと持っている行政書士は強いです。
 

社会的な信頼があること


これは、どの資格もそうなので、行政書士固有のものではありません。
行政書士も例外なく、法律家としてお客さんより、最初から信頼があります。
この信頼は大切にすべきです。
 
通常のビジネスの場合には、まず、信頼関係を築くことが本当に大切になります。
最初は、信頼関係がないので、信頼関係がない中で信頼を作らないといけません。
それくらいビジネスにおいて、信頼というのは重要な要素になります。
 

自宅でも開業できること


行政書士の成功者の多くは、自宅開業からスタートしている人が多い気がします。
自宅開業というのは、本当にリスクがぐっと下がります。
 
弁護士などは見え方もあるので、行政書士という資格、存在のありがたみを感じます。
 

たくさんの成功者がいること


これも全ての資格、業界に共通すると思いますが、
行政書士も例外なくたくさんの成功者がいるということです。
 
悲観しないでください。行政書士で成功している人はたくさんいます。
 
だから、安心してください。
行政書士に関しては、どの資格よりも悲観的な話があります。
 
もちろん悲観的な話もありますが、
 
ただそれは全ての資格共通です。
 
行政書士だけ、辛いわけでもないし、厳しいわけでもありません。
 
安心して自信を持って欲しいです。
全然大丈夫だから。
 

変化に強い資格であること


弁護士、会計士のように、難関資格になればなるほど、
変化に疎くなります。
 
これは、自然な流れです。
 
弁護士になるために、弁護士の人は多くの時間を投資しています。
時間投資をしているだけ、ビジネス的な変化に対応しにくくなるのです。
 
この点、行政書士に関しては、
比較的、他資格ほど時間を投資することはしていません。そのため、変化に強いのです。
 
行政書士の成功のためのキーワードは、
間違いなく変化です。
 
 

お客様からの認知の高い資格であること


お客様からの認知というのは、本当に重要です。
 
この認知に世の中の企業はどれだけコストを使っているのか。
 
士業の中でも、行政書士は認知度が高いです。
 
この認知度は、先に書いたような信頼などともリンクしてくれる話です。
 
総じて、行政書士はとても魅力的な資格なのです。
 

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。