2016/01/04

行政書士の将来性を考える意味のなさ

行政書士の将来性を考える意味のなさ

行政書士の将来性については悲観的なコメントが本当に多いです。
残念なくらい、悲観的です。実際、行政書士の将来は、明るいのか暗いのか。これには正確な定義、前提が必要でしょう。
意味のない不毛な議論はやめましょう。そのためのページとして、本ページが機能することを信じています。
 

行政書士の将来性


しっかりと前提を整える必要があります。まず経済の環境です。
 
経済環境的にみれば、
正直なところ行政書士の将来性は多くの場合には暗いでしょう。
 
しかし、これはほとんど全ての業種について言えることです。
人口減少、高齢化など経済的な意味において、日本は様々なことがシュリンクしていきます。
そのような中にあって、ビジネスをしている業種は打撃を受けるでしょう。imasia_15862780_M
 
また、人口などの外部環境の変化以外にも、ネットによる様々な変化、起業家による様々な変化が起きます。
 
技術革新によって、行政書士の代書という役割は今よりも低下するでしょう。
このような劇的な経済、環境の変化に対応できない行政書士もたくさん出てきます。
 
ただし、これは変化に対応できる行政書士からしたらチャンスです。
旧来的な行政書士は間違いなく時代に取り残されます。
 
このような様々な変化に対応できること、変化に柔軟なことが今後の行政書士の未来をわけます。僕たち行政書士の役割や仕事を決めるのは、間違いなくお客さんです。
 
お客さんのニーズはめまぐるしく変化します。自分が嫌でも、勝手に世の中は変化していきます。身を構えた瞬間に殺られてしまいます。そのくらい動きが早いのです。
 

行政書士の将来を明るくする


変化に対応できる行政書士は大丈夫です。
絶対に未来は、将来は明るいでしょう。変化に対応でき、行政書士の役割を自ら変えていける人。
 
これは、紛れも無い起業家です。行政書士の起業家がどんどん進んでいきます。
 
行政書士を起業するという考え方
 
将来を明るくするのは自分自身です。何かに身を任せてはいけません。自分に起きていることの結果は、自分が原因です。
何かを人や外のせいにする他責になってはいけません。
実は、行政書士の将来性と検索している人は他責に近く、
他責は非建設的な考えしかうみません。
 
自責の人になりましょう。
 
自分で状況を変えようとしましょう。
自分の将来性は自分で高めましょう。
 
誰かが僕たちのことを助けてくれるわけはありません。
僕たちは自分達で生き残る力を身につけなくてはいけません。
(もちろん、助けてくれる仲間はたくさんいますし、お客さんも助けてくれます。でも、それは、自分が価値のある人だからです。)
 
自責の起業家になりましょう。現実的、行政書士事務所の年商、売上について書いた記事があるので、
みてほしいと思います。
 
年収1000万円以上の行政書士は10人に1人以下?
 
今でも、昔でもそうだが、基本的にビジネス的な意味で成功している人は圧倒的に少ないのです。
 
そのため、最初からそのような状況であることを理解し、踏まえているのであれば、
 
また、そのビジネス的な失敗の原因をしっかりと理解しているのであれば、
僕は行政書士の未来や将来は明るいと思っています。
 
 
国家資格という僕らは守られた環境にいます。
しかし、法律的な国家資格の中では一番簡単な資格。
一番簡単というのは、参入障壁が低い、競合が多いということですが、
 
これがラッキーなのです。
 
競争にさらされる環境こそ、唯一自分が成長できる環境なのです。
 
大丈夫。将来は自分でつくっていけるものなのです。
 

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。