2015/09/28

最も簡単な社内の風土改革

最も簡単な社内の風土改革

A社長:丹羽さん、先日のニュースレターに書いてあったこと、早速実践してみたら効果ありました! ちょっとしたことなんだけど、社員の反応が全く違いますね!!
 
丹羽:えっ! どんな内容ですか♪
 
A社長:ほら、あれですよ・・・
丹羽さんが書いたモノじゃなくて、丹羽さんの仲間の方の記事なんですけど・・・。
 
丹羽:あぁ、あの記事ですね・・・(^_^;)
 
まぁ、私が書いた記事じゃなかったのは残念ですが、
お渡しした記事が役に立てて嬉しかったです♪
今回はその記事についてご紹介します!
 

ちょこちょこコミュニケーション


これは、私が某企業で管理職の仕事や部下育成に関する相談業務を
一緒に行っている仲間が書いた記事なんです。
これは最も簡単で、しかも無料で出来る社内の風土改革の
基礎と思っています。
 
その名も
『ちょこちょこ コミュニケーション』
世の中には、社内の風土改革の方策として、いろいろなものが紹介されています。
 
そのすべてに共通し、基礎となっていることに
 
“信頼関係の構築”
 
が、あると思います。
 
信頼関係を構築するためには、良好なコミュニケーションは欠かすことは出来ませんよね。
部下との信頼関係を築き、社内のコミュニケーションを良好なものとするための入口として、
 
この“ちょこちょこコミュニケーション”
は、非常に有効なのです。
 

「ちょこちょこコミュニケーション」ってなに??


では、“ちょこちょこコミュニケーション”
とは、どんなものなのでしょうか?
“ちょこちょこコミュニケーション”とは、
上司が部下に対する声掛けの手法です。
といっても、特別なものではありません。
 
イメージとしては、部下一人につき5回以上、1回につき2秒以内で、
 
「おはよう」
「行ってらっしゃい」
「安全運転でね」など、
 
ちょっとした言葉を投げ掛けるというものです。たったこれだけです。
また手法といっても、あいさつや、ちょっとしたねぎらいの言葉を部下に投げかけるとだけなので、
日常的によくある声掛けと、特に大きな違いはありません。
 
ただ、注意しなければならない点が1点だけあります。
それは、
「見返りを求めない」
ということです。
要するに、こちらから声を掛けたからといって、
相手にその返事を求めない
(返事がないことを気にしない)
ということです。
2秒以内で声を掛けて、そのまま立ち去ってしまう
というようなイメージです(^_^)
 

ちょこちょこ コミュニケーションの効果


“ちょこちょこコミュニケーション”
によって、
 
「おはよう」や「行ってらっしゃい」、「安全運転でね」など、
ちょっとした言葉を毎日繰り返していくことで社員は
「自分が気に掛けて貰えている」
ということを認識でき、上司としてもそれを簡単に伝えることが出来るのです。
その結果、信頼関係が構築されていきます。
 
さらに、この声掛けの一言が相談や質問のキッカケになることもあり、
より密度の濃い部下育成も出来るようになっていく訳です。
“ちょこちょこコミュニケーション”
を継続していき、
良好なコミュニケーションが行われていくと、
必然的にチーム力も向上します。
もし、
社内に活気がない、
社員となかなか上手くコミュニケーションが取れない、
部下の育成に困っている

 
ということを感じているのであれば、
まず最初に“ちょこちょこコミュニケーション”
から取り組んではいかがでしょうか。
士業の皆さんは、お客様に対して、
ちょこちょこ コミュニケーション
を、ぜひご提案してみてくださいね!

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。