2015/05/19

士業の営業にも革命が必要!

士業の営業にも革命が必要!

実は大事な営業


士業に携わる方が営業活動を行なうというのはあまり耳慣れないものではありますが、都市部を始めとして全国的に独立して事務所を構える士業の方が多いことからも、依頼を貰えるように営業活動を行なうことは非常に重要と言えるでしょう。もちろん、独立する前には何らかの事務所で勤務していた方が多く、そこからの繋がりで一定の顧客が付いている場合があるかもしれません。勤務している時代に真面目に業務を行ない、信頼感を得ている方であれば、以前の勤務先から仕事を回してもらうこともできるかもしれません。
しかし、それだけで満足な収入になるのかといえばそのようなこともないでしょう。収入がおぼつかずに、士業としての傍ら副業をしなければ食いつなぐことができないとなれば大変ですので、どんな営業活動をして新規開拓をすれば良いのかは開業前から戦略を練っておくことが重要だと言えます。
 
 

「待つ」から「攻める」へ


営業活動というと得意先を回り、挨拶をして顔を覚えてもらう、商品の紹介をして魅力を知ってもらうといったことが多くありますが、士業はそのような営業は向きません。それは士業が仕事を自分から貰いに行く立場ではなく、困っている人の相談を受けて解決し、その対価として報酬を受け取る立場だからです。そのため売り込みはマイナスなイメージを持たれる場合すらあります。
しかし、何らかの活動をしなければ一向に仕事が舞い込んでこないという自体にもなりかねません。一生懸命に仕事をしても、それが世間に認められなければ顧客の増加とはならないでしょう。このような観点に立って考慮すると、多くの場合で友人や知人から紹介を受ける、いわゆる「待ち」の営業から、売り込みをする「攻め」の営業を行なうことも現代では必要ではないかと考えられます。
 
 

今の時代WEBサイトで営業もできる!


どんなに攻める営業を行ないたいとしても、あからさまに「困っていることはありませんか?」などと言っても見向きもされないことが多いものです。人によっては嫌悪感を抱かれる可能性もあります。そこで考えたいのがデジタルコンテンツでの営業です。
現代はデジタルマーケティングが企業運営において大切な要素の一つとなっており、そんな中において、ホームページを制作して情報発信を行なうことは一つの営業活動して成功を収める手がかりとなります。具体的な業務内容やこれまでの実績などはもちろんですが、その他に閲覧者がホームページを閲覧して得られる情報の専門性を高めておくことも重要です。この時に具体的な記載であり、且つ理解されやすいような内容であれば、閲覧者が顧客になる可能性もあります。また、ホームページだけでは集客できる見込みがないとう場合は、メールマガジンを発刊するということも良いでしょう。これも攻める営業となり、法律関係でありがちなトラブルの解決方法を、ユーモアを交えながら発信することで成果に繋がる可能性が高まります。

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。