2015/08/04

【第7回】資金調達を武器にして顧問契約を確実に勝ち取る方法『行政書士にだってチャンスはたくさんある!!』

【第7回】資金調達を武器にして顧問契約を確実に勝ち取る方法『行政書士にだってチャンスはたくさんある!!』

やはり行政書士より税理士の方が資金調達支援業務の相性がよいのか?

私は第5回「なぜ行政書士、司法書士が資金調達支援業務を行うと顧客を獲得することができるのか?(資金調達業務との関係について)」で、行政書士・司法書士業務と資金調達支援業務の相性のよさについてお話しさせて頂きました。

 

そして、前回の第6回「なぜ税理士・会計士が資金調達支援業務を行うと顧客を獲得することができるのか?(資金調達業務との関係について)」にて、資金調達業務との相性は税理士・会計士が最もよい、というお話しをさせて頂きました。

 

また、「資金調達との相性が最もよいのが税理士・会計士の先生だと思われます。これを否定する方は誰もいないでしょう。資金調達支援との相性でいれば、税理士・会計士“以上”の立場の士業はいません。」と語った通りです。

それでは、行政書士が資金調達支援の業務を行って、ある一定の結果を出すのは難しいのでしょうか? チャンスはとても低いのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありません!!

 

実際に行政書士で資金調達支援をされて実績を出している先生はいらっしゃいます。「第1回:なぜ彼らは確実に顧客獲得(顧問契約)に成功しているのか?」でお話しさせて頂きましたが、実際に成果を出している先生はいるのです。

そういう先生の中は、創業融資の支援後にも何等かの契約を結んで継続的な収入を得ている方もいます。そして、顧問税理士や社会保険労務士を紹介して、いわば経営のコーディネート的な役割まで果たしています。

 

この場合、起業家にとっては、絶対的な存在であり、何かあればいつでも相談するのが行政書士さんなのです。起業家は、顧問税理士の選択についても、その行政書士に助言を求めます。

 

行政書士の先生方へ。「自分を卑下することなかれ!!」

私は、行政書士向けセミナーなどにて、先ほどのようなお話しをしますと、必ず次のような質問を受けます。

 

「私は、知り合いの税理士さんから法人設立等のお仕事を頂いている立場です。そういう立場なのに、資金調達のご提案などはできません。紹介者の税理士さんの許可を得てやらなくてはいけないと思うのですが・・・。紹介してもらっている立場なので・・・。」

 

確かに、税理士さんからのご紹介のお客様にはそういう対応が必要だと思います。

基本 RGBしかしながら、この手の質問をする方には、ある共通点を感じざるを得ません。それは、「(法人設立の)仕事は税理士さんからもらう・・・」みたいな発想があるようです。これもあながち間違いではありません。税理士さんからのご紹介である程度の売上を上げている行政書士さんなどは、税理士さんに気を使ってしまうのでしょう。

また、こういう発想をされてしまう行政書士さんの中には、言葉が不適切かもしれませんが、「自分なんて、たかが行政書士だ」と蔑んでいるように感じることさえあります。(何もすべての行政書士さんがそうだと言っているわけではありませんので、誤解のないようにお願いいたします。)

 

また、かつて、「行政書士が税理士を紹介するという立場になんてなれるのでしょうか?」と質問されたことがありまして、さすがに驚きました!! 相談を受けていると、やはり自分を蔑んでいるように感じてしまいます。

行政書士より税理士の方が“上”なんてことはありません。資格の難しさや社会的なステイタスだけで上下が決まるわけではありません。税理士さんだってそんなことは思っていないでしょう。それに、起業家だって、そんなこと全く思ってもいません!!

 

発想を転換しよう!!

こういう発想転換はできないものでしょうか・・・?

 

「自分が創業融資支援を切り口として、起業家のための総合窓口になって、その他必要に応じて、様々な士業や専門家に繋ぐ。起業家のためのよろず相談窓口・・・」。

 

多くの起業家が、どういう専門家(士業)に相談すればよいのか分からないと思います。「税理士さんから仕事を貰うという発想を捨てて、「自分が税理士さんにお客様を紹介する」立場になって仕事をしてほしいと思います。

 

あなたにだってきます!だって私にできたのですから。

よくよく考えてみて下さい・・・。私(吉田)は、国家資格など持っていません。中小企業診断士に二回落ちて、もう受験するのを辞めました。行政書士さんは、狭き門を突破した国家資格者です。そういう意味では、あえて上下をつけるのなら、行政書士は、私より既に“上”ですよ。

私は国家資格などを有しておりませんが、決して自分を蔑むようなことはしませんし、自分の仕事に誇りを持って、(自分の)大義を成就させたいために仕事をしております。

 

imasia_16621055_M私は資金調達コンサルタントとして開業して、早17年目です。私にだって“最初”はありました。資格なしの私ですが・・・、現在、会員組織である「資金調達サポート会」にて、多くの税理士さんたちに財務・資金調達アドバイスをしております。また、一部の会計事務所とは、顧問契約を結んで資金調達業務のバックアップをしております。

 

繰り返しになりますが、私は、自分を卑下することなく、誇りを持って資金調達支援業務をやっております。私にできて、行政書士であるあなたにできないことなど、有り得ません!! 是非、「行政書士」という資格に誇りを持ってください。自分は自分です。今の自分を最大限、活かしましょう。

 

もし、そういう悩みや不安を持っていたら、そんなことは忘れてください。
きっとあなたにもできます。約束します!!

 

←前記事

次記事→

 

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。