2015/06/18

大規模企業のニーズを満たす社労士のサービスを考えよう

大規模企業のニーズを満たす社労士のサービスを考えよう

特集の内容

大規模な会社には社労士はあまり営業をしません。大規模企業の社内に潜在的にどのようなニーズがあるのかを掘り起こしてみるとともに、そのニーズに応えることができるサービスを考え、紹介します。

【第1回】大規模企業のニーズを満たす社労士のサービスを考えよう『営業してくれない社会保険労務士』

はじめに 社会保険労務士に転身する前の8年間、僕はとあるメーカーに勤務する会社員でした。大学卒業後に新卒で入社したその企業は、重要な基幹部品を自動車メーカーに納品する老舗のサプライヤーで、社員数700名超、年商400億円超、国内に4つの生産拠点、営業所・子会社15拠点を構え、さらに複数の合弁会社を設立し

この記事を読む

【第2回】大規模企業のニーズを満たす社労士のサービスを考えよう『顧問社労士がいない会社のニーズをつかむ』

はじめにシリーズ第2回となる今回。冒頭にあたり、改めて本シリーズの趣旨を確認したいところですが、それは第1回の記事に譲りたいと思います。宜しければ、第1回の記事をお読みいただけると有難いです。【第1回】『営業してくれない社会保険労務士』僕は今回のシリーズで、机上の空論を語るつもりは一切ありません。

この記事を読む

【第3回】大規模企業のニーズを満たす社労士のサービスを考えよう『人事評価制度構築サービスでアプローチしよう』

はじめに 第3回目まで回を重ねてきたこのシリーズ。有難いことに、記事を読んでくださったとある方から手厳しいコメントをいただきました。「大企業に社労士に対してのニーズはないよ」と。確かに、例えば一部上場している企業から給与計算業務のアウトソーシングを受注するためには、こちら側にも相応の規模やリスク管理体制

この記事を読む

【第4回】大規模企業のニーズを満たす社労士のサービスを考えよう「退職金制度構築サービスでアプローチしよう」

はじめにどんな分野のサービスを取り扱っていたとしても、最終的には営業力を持った士業だけが突き抜けた成果を上げていると、最近特に感じています。そして、営業力の根本というのは、徹底的にクライアント様の立場に立つことができるかどうかという点にあると思います。

この記事を読む

【第5回】大規模企業のニーズを満たす社労士のサービスを考えよう『他士業と連携した顧問パックを提供しよう』

はじめに これまで4回(第1回から読む)に渡り「大規模企業のニーズを満たす社労士のサービスを考えよう」と題して、サービスやアプローチの仕方について考察を加えてきたこのシリーズ。 全国にハイパフォーマーの先生方が多くいらっしゃる中において、いささか背伸びした内容でしたが、今回が最終回と

この記事を読む

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。