2015/06/10

【第1回】士業が今ブログをするべき理由『なぜ今ブログなのか?』

【第1回】士業が今ブログをするべき理由『なぜ今ブログなのか?』

facebook、LINE@、google+、LinkedIn・・・ブログはもう古い?

social media concept with computer keyboard多くの士業がブログをやっています。ですが、しっかりとした目的を持って、その目標達成のためにブログを活用されている士業はそれほど多くはないのではないでしょうか?
私は2008年3月3日にブログを書き始めてから今日まで毎日欠かさずにブログを書いてきました。もちろん忙しかったり、体調が悪かったり、気分が乗らなかったり、色々ありますが続けています。開業当初より忙しくなった今でも続けています。それにはもちろんそれだけの理由があるからです。色々なSNSがありますし、私も一通りやっていますが、どれか一つだけを選べといわれれば迷わずブログを選びます。
士業というプロフェッショナルとして大事な時間という資源を投下する以上は、それに見合うだけのリターンを得れないのであればやるべきでないとも思っていますが、私はブログを書くことが、ブログを書くことで得られるものがかける時間から考えても十分に大きいと思っています。
そこでこちらで以下のようなシリーズとして記事を書かせていただきたいと思います。

 

①なぜ今ブログなのか?
②ブログにできること
③ブログも見た目が大事?
④書く力とウェブマーケティング
⑤ブログを続ける極意
⑥ブログで出版する方法
⑦ブログの集客のパターンとは
⑧戦略的にブログで紹介を受けるために必要なこと
⑨ブログブランディングの前にするべき3つのこと
⑩機械化、人工知能、ロボット化とブログ

 

なぜ今ブログなのか?

では士業はなぜブログをするべきなのでしょうか?一般にウェブ集客といわれるもののうち、一番代表的なものはホームページでしょう。我々士業は自分たち自身がサービスであり商品です。サービスや商品の価値を高めること、つまり法律や実務の勉強をし、常に価値向上に努められていると思います。
ですが、例えばとても美味しいラーメン屋さんがあったとして、誰もそれを見つけられなかったらどうでしょうか?お客様に来店していただき食べていただいてこそ、その味が伝わり、口コミなども起こるわけで、まず「知られる」という事が大事なわけです。もちろん駅前の目立つところに出店できても味がイマイチならリピーターにはならないわけですから、商品、そして知られることの双方が大事であり、それが士業で言えば実務力と集客力ということになります。
ブログがホームページと一番異なるところといえば私は「人」の部分だと思っています。士業のウェブ活用、特にホームページの重要性はここで述べるまでもないほどに高まり続けていますが、通常ホームページで差別化できるポイントというのは限られてしまいます。
同じ士業のホームページと比べるとある程度のデザインなどの差はあるとしても、構成などは似ているものが多いですし、何より同じ資格ですからできること自体にはさほど差は出ないでしょう。そうなると何で選ばれるかというと報酬になりがちなわけです。なのでホームページから来るお客は質が悪いだとか、うちは価格競争したくないからホームページは作らないとかという声が出てくるのだと思います。(もちろん活用の方法によってそんなことはないわけですが・・)
一方でブログの場合はどうでしょうか?私はおおよそ月に5件以上はブログからお問い合わせをいただいておりますが、金額のところで仕事にならなかったことはありません。むしろそのことを伝える前からご依頼の方向で話が進んでいることが多いです。
僕がブログを続ける理由、ブログの強みはたくさんありますが、その一つが「関係性を作るメディア」であることです。

ブログはホームページよりも「人」を伝えることができます。行間から、その人柄はでるものです。どうしてもホームページは「人」よりは「事務所」としての意味合いが強くなりますが、ブログは仕事用に使っていても「人」が前に出ます。ブログを通して、その言葉や文章を通してその「人」が伝わり、コミュニケーションツールとしても活用できることと重なって関係性を構築できるのです。
facebook、LINE@、google+、LinkedInなどのSNSでも「人」は伝えられると思いますが、ビジネス利用するのであれば一定程度の文字数になり、またそれを書き溜めることができるブログに勝るものはないでしょう。
「事務所」としてだけでなく、その「人」に頼みたい、そう思っていただける関係性を作ることができるのはブログなのです。そもそも士業というのは一般の方からすれば敷居が高い、壁がある、怖そう、気難しそうなどと思われがちな仕事だと思います。だからこそ「どんな人なのか」そして「何ができるのか」について発信することで、それが伝わったときに関係性を作っていけるのだと思います。士業の仕事は差別化しづらい、だから価格勝負になってしまいがちだからこそ、また、今後より機械化、ロボット化が進み、人工知能が発達していくからこそ、我々士業はより「人」を伝えていく必要があると思います。
では次回はブログにできることをより具体的に見て行きたいと思います。
最後までお読み頂きありがとうございました。

次記事→

購入が完了しました

引き続きのご利用をお待ちしております。
詳しい内容はマイページより確認できます。

決済が失敗しました

このコンテンツの購入は完了しておりません。
再度購入を行ってください。

メールアドレス認証が完了していません

認証手続きが完了しないとご利用になれません。 再送する

ログイン

評価の投稿やお気に入り登録、誰かをフォローするにはログインが必要です。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

パスワードをお忘れの方はこちら

会員でない方はこちらから無料会員登録ができます。

無料会員登録

メールアドレスとパスワードをご入力ください。

ログイン

メールアドレスとパスワードをご入力ください。